読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

GIGANT (1) (ビッグコミックススペシャル)

GIGANT (1) (ビッグコミックススペシャル)

GIGANT (1) (ビッグコミックススペシャル)

作家
奥浩哉
出版社
小学館
発売日
2018-05-30
ISBN
9784091898753
amazonで購入する Kindle版を購入する

GIGANT (1) (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

新手田 円花@芸術をも超越する現実☆彡

近未来的な、奥さんは中々楽しげですね!大きくなったり出来たら面白いしねww

2019/07/13

トラシショウ。

映画プロデューサーを父に持ち、それなりに裕福な暮らしを送りながら何となく映画監督を目指したい少年・零は、密かに大ファンだったAV女優・パピコが同じ町に住んでいる事を知り、偶然から彼女と親しくなる。轢き逃げにあったコスプレじみた中年男から奇妙な「時計」を右手に植え付けられた彼女を巡り、零の代わり映えのしない日常はジワジワと非日常へと移り変わっていく。「GANTZ」「いぬやしき」と出版社を渡り歩く作者の新作は、またしてもジャンル分け不能な(あえて言うなら恐らく)SF。また珍妙な導入だなぁ(以下コメ欄に余談)。

2018/06/01

ぐうぐう

画に対する違和感がある。人物の左右のバランスが微妙に違っていることで起こる違和感は、奥浩哉の画力の低下にあるわけではなく、意図されたものの可能性が高い。そもそも主要キャラの一人、パピコの胸の大きさは、その細い身体には不釣り合いであり、彼女がAV女優である理由はバランスを崩すことに最大の動機があるはずだ。つまり、タイトルになっている巨大化が起こす、バランス崩壊の象徴が、そこかしこに配置されているというわけだ。バランス崩壊により導かれるのは、世界の終わりと純愛の奇跡。『GIGANT』はたぶん、そういう物語だ。

2018/06/01

レリナ

奥先生の作品を初読み。いやー面白かった。初めから展開がスピーディで読みやすかった。ヒロインが巨大化したり、謎のおじさんの登場と言ったまだ一巻なのに引き込まれる展開の連続。一体この漫画はどこまで読者を引きつける魅力を兼ね備えているのだろうか。まだ世界観が明らかになっていないところが多いので、あっと驚く展開を期待したい。これはいい漫画に出会えた。次巻に期待。

2018/06/04

紫雲寺 篝

AV女優パピコのファンの少年。偶然出会った事で、一喜一憂の恋が加速し始める。本気で彼女の彼氏になりたいなんて思っちゃいない。そんな彼の恋の憂鬱とは裏腹に彼女の事情はバイオレンスな非日常に呑まれていく。半信半疑のその最中、異常な事が起こり始める……!!いつも通りの腐った奴と、それに辟易しながらも受け入れ暮らす少数の人々。そして一部の怪しげな世界。作者のメタネタもあるし、出て来る機器は最新の物に影響を受けたような物ばかりで流行は抑えている。先が見えないまま読ませるのは相変わらず。気になるんだよなぁ。

2018/06/01

感想・レビューをもっと見る