読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おなじくらい愛 (小学館文庫 そA 28)

おなじくらい愛 (小学館文庫 そA 28)

おなじくらい愛 (小学館文庫 そA 28)

作家
惣領冬実
出版社
小学館
発売日
2013-05-15
ISBN
9784091910806
amazonで購入する

おなじくらい愛 (小学館文庫 そA 28) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

にゃりこ

文庫版の表紙って爽やかすぎて内容と大分イメージ違うよね 笑 さて、大好きな作品の一つ。不器用な主人公の愛のカタチのお話。切ない中にある主人公の芯の強さを感じる素敵なストーリーです^ ^未読の方はぜひ読んで欲しいな♪

2013/08/14

りぷれ@灯れ松明の火

【文庫で再読】懐かしい!と思ったら、初出は昭和59年だったのか。愛の不器用さにはハラハラする。好きになった俊也に「好きになって」じゃなくて「嫌わないで」だもんなあ。愛は本当に、誰かを好きになることに慣れてないんだよね…。俊也のキャラは今でもよくわからないです。彼女と破綻するのは最初から予想できたけど、いつから愛を恋愛対象として意識しだしたんだろうか。それと作品解説が、ちょっと的外れ…。バブルと物語は全然関係ないと思うけど。

2013/07/30

たら

同時収録の「通り過ぎたシーズン」、に出てくる高遠くんは名作「ボーイフレンド」の主人公の原型なのかな?

2014/07/07

感想・レビューをもっと見る