読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

珠玉の名作アンソロジー / 5 どこかにある猫の国 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 5)

珠玉の名作アンソロジー / 5 どこかにある猫の国 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 5)

珠玉の名作アンソロジー / 5 どこかにある猫の国 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 5)

作家
波津彬子
岩館真理子
萩尾望都
出版社
小学館
発売日
2013-06-15
ISBN
9784091911605
amazonで購入する

珠玉の名作アンソロジー / 5 どこかにある猫の国 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 5) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

辺辺

無類な猫好きであるがゆえに、どの短編も楽しめた。ほっこり胸温まるのと、ほろり切ないのと、コメディのと、ギャグタッチのと、いろんなタイプな猫が登場し、唯々面白いし、しかもかわいいよ。このごった煮ちゃんぽんな感じがいいね。個人的な悪趣味で笑いを誘う奈知美佐子さんのと新井理恵さんのと、意味深なミステリ要素も含まれている草間さかえさんの三作がとりわけツボった。猫は心の癒しだなとつくづく思うわ。〇

2015/05/23

ぐっち

豪華メンバーの猫短編。萩尾望都さんのレオくんの「おえんがわは雨だったけど、おげんかんは違うもん」にキュン死しそうになりました。

2013/06/22

なつき

波津さん、神坂さんが好き。レディの凛とした佇まいが気品あってステキ。おじょうさんの気まぐれにも思える「お気に入り」も可愛い。新井理恵さんのさゆりもなんだかそういわれれば「さゆり」って感じに思えるから不思議(笑)

2016/11/15

紙飛行機

波津彬子さん「灰色の貴婦人」が良かったかな。ニャンコちゃんはお気に入りの所に行くからな。いつの間にか膝の上。笑えたのは新井理恵さん「ヨタ話」さゆりちゃん好きです。言葉は分からなくとも思いは伝わってる。はず。

2013/09/29

あえて言おう。猫は文化の極みであると。

2013/07/05

感想・レビューをもっと見る