読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ポーの一族 (1) (小学館文庫)

ポーの一族 (1) (小学館文庫)

ポーの一族 (1) (小学館文庫)

作家
萩尾望都
出版社
小学館
発売日
1998-07-17
ISBN
9784091912510
amazonで購入する

ポーの一族 (1) (小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

バンパネラという吸血一族の兄エドガーと妹メリーベルを中心にした話の1巻。耽美な世界観は昔から嫌いじゃないのだけど、普段読み慣れている構成ではないせいか、サクサクと読み進めることができなかった。読む時期が遅すぎたのか、様々な作家やアーティストに影響を与えたという名作過ぎて、長いこと手に取らなかったのを、いろんな意味でほんの少し後悔した。で、エドガーとアランが出てきて「ポーの一族」ってまんま「エドガー・アラン・ポー」じゃんって頭の中浮かびすぎて集中できなかった(苦笑)

2013/11/14

mocha

血と薔薇と、永遠の少年…耽美の世界にどっぷり。少女の頃に読んだけれど、どれだけ理解してたのだろう。ただあやうい美しさに目が離せなかっただけなのかもしれない。今読んでも本当に色褪せない名作。エドガーとアランでポーなのか!と今頃気づく。

2015/12/25

逢日

漫画とは言え萩尾望都は別格。恥ずかしながら今頃初読み。少女期出会っていたら夢中になっていたろう至極の一冊だった。大好きな清水玲子氏が影響受けまくりな感じ。ジャックとエレナ…♡名作と呼ばれる所以、納得。

2017/04/23

Y2K☮

子供のまま永遠に生きるキルドレを描いた森博嗣「スカイ・クロラ」シリーズを読了したタイミングで今作に出逢う必然。永遠の若さには誰もが一度は憧れる。だがその実態を、不可避の代償を真剣に考えてみた事があるだろうか。子供のふとした妄想があっさり実現してしまう危うさ。善意から生じた悲劇こそ真の悲劇なのだ。それでも時代を駆け巡る彼らの群れない美を眩しいと感じるのが人の性。にしても萩尾望都。この人は画家で漫画家で作家で、しかも詩人だ。ヒットを狙う計算を微塵も感じさせぬナチュラル。こんな傑作が70年代に創られていたとは。

2016/03/04

ちゃりんこママ

Long long time ago.私まで戻ってしまいますよ。読友さんのレビューで懐かしくなって文庫版購入。昔持ってたコミックス版でも思ったけど、どうせなら雑誌掲載順に編集して欲しかった。後半の「ペニー・レイン」は3巻に収録の「小鳥の巣」から間が空き「エヴァンズの遺書」に続く連載再開で、私は泣くほど嬉しかったけども、シリーズ初めの頃とはイメージが変わったので仲間内で賛否闘わせたのを思い出します。物語の素晴らしさは読めば分かるとして…最初に心を奪われたのはシリーズ連載になった「ポーの一族」の最終話の(続く

2014/07/25

感想・レビューをもっと見る