読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

発達障害の改善と予防: 家庭ですべきこと、してはいけないこと (実用単行本)

発達障害の改善と予防: 家庭ですべきこと、してはいけないこと (実用単行本)

発達障害の改善と予防: 家庭ですべきこと、してはいけないこと (実用単行本)

作家
澤口俊之
出版社
小学館
発売日
2016-01-27
ISBN
9784093108416
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

驚くべき、脳機能を改善する理論と実績。

脳科学者・澤口俊之の専門は、認知脳科学、霊長類学だ。

エール大学医学部研究員、京都大学霊長類研究所助手、北海道大学医学部研究科教授を経て、

2006年人間性脳科学研究所を開設、発達障害の子供達の脳機能の改善に取り組んできた。

澤口の思いは、熱い。

発達障害は明確な脳機能障害であり、

「改善こそが最も基本的かつ重要なことは明らか」と言う。

「生まれつきなので改善できない」と信じてきた保護者に、

短期間で結果を出してみせる。

澤口は、保護者の申告やいくつかのテストや注意深い観察により、
子供の脳機能を解析し、低くなっている脳機能を上げる方法を伝える。

脳機能解析は、澤口以外では難しいが、
本書では家庭でできることを公開した。

その方法は、驚くほどシンプルだ。

ただし、同じ理屈で、脳機能を下げてしまう働きかけもあることになる。

それが「家庭でしてはいけないこと」だ。

近年、澤口を訪れる子どもの中に、

改善に時間がかかるケースが目立つようになってきた、という。

それは、世界中の論文を読んでも解決できなかった、

日本特有の現象だった。

澤口の提言とは。

発達障害の改善と予防: 家庭ですべきこと、してはいけないこと (実用単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

30年前に出会いたかった本でした。TVでお見かけするちょっと面白い脳科学者・澤口先生。あの話し方で変換しつつ読んだが、説明が長い?多い?かなと感じました。我が子を育てて、普通に愛情を持って接してきても、どうにもな違和感。あの頃『発達障害』なんて言葉は知らなかった。『自閉症』の本を調べて当てはまる、当てはまらない・・不安だったことを思い出されます。アスペルガー症候群と診断されたのは19才・・1才過ぎた子どものいる親がもしも不安になっていたら、この本を一読如何でしょう。

2018/09/15

さおり

ホンマでっかで見る澤口さんは割と好きなので、読んでみました。福祉の世界は未だに印象で物事を語るところがあるので、エビデンスを示せよっと内心イライラが募ることの多い私も、IQが上がったことを成果と言われまくると、目に見えるものだけで全てわかると思うなよ、と思ってしまう。あと、「澤口にしかできない」と強調してくるのもね。私がみている子の中にも、IQ120オーバーは何人もいるけど、別に私が数値を上げたわけじゃない。っていうか、自分のIQを知らないのに人のIQばかりたくさん知ってるって、考えたら変なもんよね。

2016/09/04

Tui

発達障害は脳機能障害であるとし、遺伝的要因と環境的要因が相互作用して発症やその軽重が左右されると解説している。そして発達障害を「改善するもの」とも。当事者にとってシビアかつ繊細なテーマにもかかわらず、発達関連の文献には感情的なものやファンタジー的なものが散見されるが、この本は科学の知見に立ち、しっかりとエビデンスをもとに解説をしているところが信頼できると感じる。著者や文体の個性が強めなので抵抗を感じる人もいるかもしれないが、最近とみに増えている気がする発達関連本の中では珍しく違和感を抱かずに読めた本だ。

2016/07/06

Imax

発達障害って改善や予防ができるの?という疑問に答えてくれる本。本書によると、7歳までは改善することが可能だけど、それ以降はかなり難しいとのこと。キャッチボール、ピアノは改善させるのに有効。療育は時に逆効果。普通級に通わせることこそ重要。早期の英才教育は、発達障害を生む要因の1つになりかねないので注意が必要。発達障害は脳の機能障害なので、脳機能の専門知識が不可欠にも関わらず、現場には知識を持った人がいない。等々、いろいろな説があるのかもしれないが、説得力があり、新しい知識を得ることができたのは収穫だった。

2019/05/15

カナ

「改善と予防だとぉ?」と題名に懐疑的であった。澤口先生といえば「ホンマでっか⁉TV」出演の脳科学者。あの先生が書いたのかと思いながら読み進めると「改善できる」という持論を繰り返し訴えかけられる。「くどいですが」の口癖連発である。7歳まで有効らしい。うちの娘は10歳。手遅れかな…と思いながらそれでも参考になることも多かった。「ピアノはワーキングメモリーを鍛えるのに良い」とあったが確かにその通りだと思う。強ちデタラメでもなく、脳科学者らしい根拠に基づくものなのだろうが、最後まで?な感じは残る。一読には値する。

2018/07/12

感想・レビューをもっと見る