読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

堕落 (P+D BOOKS)

堕落 (P+D BOOKS)

堕落 (P+D BOOKS)

作家
高橋和巳
出版社
小学館
発売日
2018-07-11
ISBN
9784093523424
amazonで購入する Kindle版を購入する

堕落 (P+D BOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

月をみるもの

「邪宗門」をかわきりに、自分の中で始まった高橋和巳ブームはますます盛んになっており、本作も満洲好きの心にぐさりとつきささる。次は、解説でとりあげられていた「散華」を読むと決めた。いい年のおっさんになっても中二の時のみずみずしい心を保ちつつ「わたしは国家を、世界を、民族を、聚落を、人類を拒絶する」と言い放ちたい。

2020/12/17

みや

満州国建設に青春を捧げながら、敗戦により破綻し、戦後は私財を投じて内地に混血孤児院を設立した主人公の男が、権威を得た途端に堰を切ったように堕落の一途を辿る。過去の体験は決して無に帰することはなく、積み重なる不条理な体験は怨嗟を倍加させる。彼の破滅は、心血を注いだ満州国の消滅や敗戦・被占領が生みだした混血児への国家の冷遇など、権力による不条理な扱いへの復讐とも捉えられる。一方、ラストで明かされる満州の橋梁での事件に慄然とする。ともかく、筆者の熱量と筆力に圧倒された。

2019/04/19

感想・レビューをもっと見る