読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マリリン・モンロー・ノー・リターン (P+D BOOKS)

マリリン・モンロー・ノー・リターン (P+D BOOKS)

マリリン・モンロー・ノー・リターン (P+D BOOKS)

作家
野坂昭如
出版社
小学館
発売日
2018-10-11
ISBN
9784093523486
amazonで購入する Kindle版を購入する

マリリン・モンロー・ノー・リターン (P+D BOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みや

表題作始め5篇収録。芸能・看取り・原発などといった題材の多様さにまず舌を巻く。加えて意表をつく発想の豊かさと落語のような展開の小気味良さにも。読点で繋ぎまくる口述筆記そのままのような著者独特の文体が拍車をかける(ハマらないと苦痛だが…。)。内容のどぎつさが目立つが、目を背けたくなるような「本質」を見つめていなければ描き得ない世界。そこここに漂うペーソスにその眼差しの優しさを感じる。時代に左右されない不朽の作品群だ。

2019/02/07

クッシー

短編集。『戦争童話集』を読んでから、野坂さんに興味を持ち、購入。テーマが私小説的なもの、老人介護、原発建設、怪談など多岐にわたる。どれも、退廃的で、どこか狂気を秘めている。その狂気に自分が触れた時、それに呑み込まれそうになる。こうしたものを描けるのはやはり、野坂さんに青春時代の戦争体験があったからだろう。こうしたある種強烈な体験に裏付けされた小説に心打たれる。

2019/01/23

でろり~ん

4度目のお色直し版だそうで、おほほのほ。タイトルだけは知っていた本でしたが初読。解説者がトリック・スターという表現をしていますが、本当に野坂昭如という作家はとんでもないバリエーションをものしていったんですねえ。句点の少ない独自の文体は、リーダブルとか、んなもなあ関係ないねって感じでどんどん先に進んでいくわけで、あ、こりゃ、どうも恐れ入りやした。戦中派作家。全て初めて読む作品でしたが、今に通じる中身を感じさせてくれるものでした。小説が凛としていた頃でしょうか。今は女性作家の時代なんでしょうかね。時代の変遷。

2018/11/23

感想・レビューをもっと見る