読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こぼれそうな唇

こぼれそうな唇

こぼれそうな唇

作家
LiLy
出版社
小学館
発売日
2010-11-18
ISBN
9784093862882
amazonで購入する Kindle版を購入する

こぼれそうな唇 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

そのぼん

一人の男性と二人の女性の間で繰り広げられる恋愛模様…。それぞれの目線で物語は進んでいきますが、読んでいて淋しくなってくるような雰囲気でした。

2011/12/25

さくらんぼ

彩の気持ちもエミリの気持ちも凄いよくわかる。自分の気持ちを読んでる気分でした。なんか頑張ってこうって思った。

2011/01/11

macco

エミリも彩も極端すぎる気がしましたが・・きっと彩に肩入れして読む人が多いんじゃないかな?仕事や将来に真剣に取り組んで、女としての美しさも手に入れたい、って子の方が応援したくなるし自分もそうありたいって。エミリの結婚や家庭に憧れる気持ちは少しなら可愛くても、あまりに重すぎて(摂食障害だし性格暗そうだし)引きます。まぁ一番ダメダメなのは孝太ですけどね。魅力が全く分からないw

2014/01/05

misaki

女の子のリアルな世界的な感じ~☆

2012/07/02

ちびっこ。

エミリ、彩のどっちにも共感。みんな、両方の考えを持ってると思う。どっちが幸せかは決められないなぁ。

2011/10/09

感想・レビューをもっと見る