読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

コレキヨの恋文

コレキヨの恋文

コレキヨの恋文

作家
三橋貴明
さかき漣
出版社
小学館
発売日
2012-03-28
ISBN
9784093863261
amazonで購入する

コレキヨの恋文 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

R

平成の世が大正末期によく似ているといったお話を高橋是清の経済手腕をなぞりながら見せる小説でした。似ているのあたりは強引というか、同じ手法で似ていないと立証できそうな感じなので、あんまりだったけども、高橋是清の政策をわかりやすく説明しているところはよかった。現代パートがあまりにも漫画的すぎるので、流して読む感じで楽しめた。

2020/10/01

ゆん@

もしドラの、経済や国家版といった感じ。若い女性弁護士がいきなり総理になり、相手が是清とは知らずに経済や国家について学んでいく。是清のいた時代が「大正バブル崩壊」「関東大震災」「三陸地震」「金融恐慌」「世界大恐慌」と、現代日本の状態とそっくりで、そこから是清がデフレをどうやって脱し経済成長への道を作ったかを、新米の女性総理が学ぶかたちで説明してくれるので解り易く、現在の日本にも希望が持てた。日本が世界一のお金持ち国家だと書かれていてびっくりした。これからの日本に希望を持ちたい人にお勧めです。

2013/06/30

かずよ

家計と国の経済を同じに考えてはいけないんだ!デフレの事もTPPの問題も私でも理解できました!是清のような政治家が現れてくれたらと思ってしまうのは私だけではないはず。とにかくみんな真面目に働きましょう!が私の結論!

2012/10/11

かまど

国の経済について、最近になって三橋貴明氏の書籍を通し軌道修正を行っているところです。この書籍は小説というジャンルの力で、国の経済についてわかりやすく説明しているだけでなく、昭和初期、日本が大戦に向かっていく姿を、高橋是清を通して語っています。まさに激動というに相応しい歴史がそこにあったんですね。 そして、この昭和初期の時代と現在がリンクしている。歴史は繰り返すということでしょうか。作中のように、国家一丸となる日はくるのでしょうか。いずれにしても戦争になるのは絶対にイヤです。

2014/06/24

sas

とにかく面白かったし、感動した。ラストの是清の手紙は涙もの。ストーリーも面白かったが、大正バブル崩壊時代と平成バブル崩壊時代がこれほど似ているとは驚きだ。まさに時代は繰り返すということか。経済の勉強にもなるし、必読の本。

2013/05/19

感想・レビューをもっと見る