読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

サラバ! (上)

サラバ! (上)

サラバ! (上)

作家
西加奈子
出版社
小学館
発売日
2014-10-29
ISBN
9784093863926
amazonで購入する

サラバ! (上) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

直木賞受賞作らしく、エンターテインメント性に富んだ作品。かつて太宰は15歳の女生徒に語らせたが、ここで西加奈子さんは男の子の歩に語らせる。太宰のそれとは本質的に違うのだが、しかしなかなかに上手い。それぞれの年齢の男の子を実によく捉えていると思う。小説は、いわば異文化との衝突を軸に展開してゆく(少なくても上巻では)。家にあっては姉と母、外的環境においてはイランとエジプト、幼稚園に始まる学校だってそうだ。上巻では歩の物心がつく頃から高校生までを描く。思わず笑ってしまう場面も随所に。サーヴィス精神の旺盛な人だ。

2016/07/27

遥かなる想い

第152回直木賞受賞。 圷歩(あくつあゆむ)という 語り手の視点にリズムが あり、面白い。 猟奇的な姉と、母と 生きた日々が、語られるが…平成の大河小説とでも 言ったらよいのだろうか… イラン、大阪、エジプトと 育った日々はグローバルで 昔の転校生とは視点が違う のが奇妙に小気味良い。 上巻は歩が高校に入るまで。 下巻の展開が楽しみ。

2015/03/22

starbro

昨年からマイブームの作家、西加奈子の最新&最長編作です。期待に違わず上巻を一気読みしました。下巻は明日読む予定で、大変楽しみです!

2014/11/11

風眠

「僕はこの世界に、左足から登場した。」という書き出し。上下巻読み終わってから改めて思ったけれど、この物語の主人公・圷歩(あくつ・あゆむ)のナルシストっぽい性格を表すのに、最もふさわしい一行。この一行でぐいっと持っていかれる感じ、さすが西加奈子。破天荒すぎる姉、自分の幸せに忠実な母、多くを語らない仏のような父。そんな家族の中で、意識的に「普通」であろうとする歩の、幼少期から高校時代までが描かれた上巻。父の赴任先であるイラン、エジプト、そして大阪を舞台に、少しずつ壊れていく家族を歩の独白という形で描いている。

2015/01/11

チック君

サラバ 上 読み終わりました。なんか、両親の離婚が気になって気になってしかたありません。子供のときのこと思いだしたな~

2015/07/25

感想・レビューをもっと見る