読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

蒼のファンファーレ

蒼のファンファーレ

蒼のファンファーレ

作家
古内一絵
出版社
小学館
発売日
2017-06-29
ISBN
9784093864725
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

爽やかな涙を呼ぶスポーツエンタメ決定版!

 「藻屑の漂流先」と揶揄されていた緑川厩舎のメンバー達。
廃業寸前だった彼らが、芦原瑞穂という女性騎手の真摯な姿勢と情熱で生まれ変わり、G1の桜花賞に挑戦、惨敗した翌年。
 場違いな超良血馬がやってくる。馬主はマスメディアでも有名な風水師。
何もかも謎めいている彼は、厩舎を立て直すきっかけとなった馬(フィッシュアイズ)との勝負を望んでくる。その狙いとは・・・・。
 母との関係に揺れる誠、初めての恋愛感情に戸惑う瑞穂、昔の恋人と出会ってしまう光司・・・。
 様々な出来事、思いを乗り越えて、再び心が一つになった厩舎のメンバー達。目指すのは、再び、G1。チャンピオンズカップ。
 心に傷を抱えたはみ出し者たちが再び一丸となって臨む、大きな大きな夢の行方は・・・?

蒼のファンファーレ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

まず、前作からの登場人物が活き活きしているのが嬉しい。そして、本作のゲスト的な存在・冴香、ワン、愛子も適材適所でイイ味を出している。話の展開も人間ドラマを絡めつつ快調に進んで、名馬のレース展開のように「先よし、中良し、仕舞い良し」で安定感ある運びで楽しめる。前作の感想にも書いたが、キャラもストーリーも定型通りに書かれているので、予定調和を嫌う人には向かないだろうが、爽やかな読後感を求める人には打って付け!次作は「ドバイで惨敗して人馬共に傷つくが、再起して有馬記念へ」という線でお願いします!(恋の行方も❤)

2017/09/29

Yoko Omoto

地方競馬の女性ジョッキーとして日々奮闘する瑞穂の新たな挑戦と、瑞穂を取り巻く厩舎メンバーや所属馬、そして他騎手たちそれぞれの、葛藤から現状打破へ向けての戦いの日々を熱く描いたシリーズ2作目。人間の横暴や裏切りに過度に敏感なフィッシュアイズと、騎手や他馬を馬鹿にするプライド高き良血馬ティエレン。二頭の馬が巻き起こす波乱にハラハラし、女性騎手たちの苦悩の現実に憤り、大きな夢に向かい人馬一体となっていく展開に盛り上がりながら、ラストの大一番からレース後にかけてはググッと感涙。チラつくロマンスにも次作切望の良作。

2017/08/15

yanae

古内さん新作と思って飛びついたら、シリーズの2作目でした。舞台は地方競馬。女性ジョッキーとして奮闘する主人公瑞穂。競馬の世界は女性蔑視が根強く残る。その中で青い目をもつフィッシュアイズ(魚目)とトップを目指すお話。前作を読んでいなくても十分楽しめた。前作はもっと女性だからっていじめられたのかしら?今作は主人公以外にも女性ジョッキーが活躍。さらに謎の風水師ワン氏が出てきたり、なんだかドラマ的な展開も。瑞穂もだけど、誠の成長もすごかったな。そちらの方が感動大きかった。古内さんの優しいお話でした。

2017/08/05

のぶ

前作の「風の向こうへ駆け抜けろ」同様、とても爽やかなストーリーだった。主人公は前作同様、地方競馬の女性騎士、芦原瑞穂。本作も全編が競馬の世界にどっぷり浸っているが、競馬に興味がなくても楽しめる作品だ。観客の減少で瀕死の状態にある地方競馬。そんな環境で競走馬を愛し、騎乗が何よりも好きな瑞穂が描かれている。女性だからと言っても勝負の厳しさもしっかり書かれている。ラストは瑞穂騎乗のフィッシュアイズが中央競馬のG1に出場するシンデレラストーリー。瑞穂はこのレースに勝てるのか?とても良く出来た作品だった。

2017/08/15

fwhd8325

競馬にはあまり興味はないのですが、とてもリアリティのある物語に感じました。騎手と馬、競走馬同士の駆け引きは、迫力を感じます。シリーズとは知らずに予約していましたが、単独の物語として、充分に面白く読みました。他のスポーツ小説にもこうしたドラマチックな展開はありますが、個人的に、あまりしらな世界だけにとても新鮮に感じました。

2017/11/14

感想・レビューをもっと見る