読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ダンデライオン

ダンデライオン

ダンデライオン

作家
中田永一
出版社
小学館
発売日
2018-10-25
ISBN
9784093864992
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ダンデライオン」のおすすめレビュー

11歳の僕は、大人になっていた――中田永一が贈る、感動のタイムリープ小説

『ダンデライオン』(中田永一/小学館)

 中田永一が某ベストセラー作家の“もうひとつの顔”であることは、本好きならば知っている公然の秘密だろう。しかし近年はそんな紹介をする必要もないくらい、中田永一の活躍ぶりには目覚しいものがある。映画化された『くちびるに歌を』は累計34万部を突破、その後も『僕は小説が書けない』(中村航との共著)、『私は存在が空気』と話題作を刊行し、高い評価を得ているのだ。

『ダンデライオン』(中田永一/小学館)はそんな中田永一の最新作。中田名義の長編としては『くちびるに歌を』以来7年ぶりとなるので、まさにファン待望の一冊といえる。

 1999年春、11歳の下野蓮司は野球の試合中、頭にボールの直撃を受けて意識を失った。目を覚ますとそこは、20年後の世界。彼は体に貼りつけられていたテープレコーダーによって、驚くべき事実を知らされる。1999年に小学生だった蓮司と、2019年に31歳の蓮司。異なる時間を生きていた2人の蓮司は、それぞれ頭に強いショックを受けたことで、一日だけ意識が入れ替わってしまったというのだ。なかなか状況を受け入れられ…

2018/10/25

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ダンデライオン / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

中田 永一、乙一等は、新作中心に読んでいる作家です。本書は、近未来タイムスリップラブミステリでした。サラリと読めますが、もう一捻りして欲しいなあ!1年前に東日本大震災を告知しても、効果はかなり限定的でしょうね。「下野」という苗字を「かばた」と読むと思いませんでした。

2018/12/23

ウッディ

11歳の下野蓮司の意識は20年後の大人になった自分の中に飛んでいた。そして未来の自分には大切な人を救うため、少年の体に戻ってやるべき事があった。よく練られたタイムリープストーリーだった。未来を経験し、未来の自分が書き残したノートの内容から、未来の出来事は観測済みの事柄になる。それは決められた人生でもあり、安心できる人生でもある。中田さんにしては、恋愛要素は少なめでしたが、切なさは感じました。自分も少し先の幸せな未来を想像しながら生きてみようかな。面白かったです。

2019/03/07

三代目 びあだいまおう

読み心地はライトなのに凄い小説でした。何が凄いって、想像できない複雑な展開を、完璧な程のプロットに落とし込みパズルのように組み合わせたはずなのに、ここまで読者にリアリティーと読みやすさを与えてること!頭部に衝撃を受けた主人公は20年前の自分の意識に入り込む。入れ替わるように20年前の自分は未来の自分の意識に入り込む。互いに元に戻るまでの7時間。過去の凄惨な事件を止めるべく、積み重ねた記憶と記録で立ち向かう!細かな辻褄が、まるで時空を越えて歯車が噛み合うように見えてくる!『信じ切る』という愛が眩しい‼️🙇

2020/06/07

うっちー

時空越えの変化球でした

2018/11/18

bunmei

著者の作品は『くちびるに歌を』に続いて2冊目。本作は、その爽やかな青春賛歌的な印象とは少し違い、時空を飛び越えて子供と大人が入れ替わるタイムリープ・ファンタジーと20年前に起きた殺人事件のミステリーが絡んだストーリー。こうした作品は、まだ見ぬ出来事が事前にわかってしまったり、今居る世界を実際は経験していなかったり、ゴチャゴチャします。しかし、わずか一日の中で、各々の時代の主人公・蓮司が体験した伏線が、綿密に練られており、説明も丁寧で、後半には一つずつ回収されます。それらが見事に繋がって一気読みでした。

2018/12/21

感想・レビューをもっと見る