読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

下町ロケット ゴースト

下町ロケット ゴースト

下町ロケット ゴースト

作家
池井戸潤
出版社
小学館
発売日
2018-07-20
ISBN
9784093865159
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

大人気シリーズ、待望のシリーズ第三弾!

宇宙(そら)から大地へ。
いま、佃製作所の新たな戦いの幕が上がる!

2015年に放映されたドラマ「下町ロケット」(TBS日曜劇場)の大ヒットも記憶に新しい、「池井戸潤、絶対の代表作」に待望のシリーズ第三弾が登場!

倒産の危機や幾多の困難を、社長の佃航平や社員たちの、熱き思いと諦めない姿勢で切り抜けてきた大田区の町工場「佃製作所」。
しかし、またしても佃製作所は予期せぬトラブルにより窮地に陥っていく。
いまや佃製作所のシンボルとなったロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引先からの非情な通告、そして、番頭・殿村に訪れた危機――。
そんな絶体絶命のピンチを切り抜けるため、佃が下した意外な決断とは・・・・・・。

大きな挫折を味わってもなお、前に進もうとする者たちの不屈の闘志とプライドが胸を打つ! 大人気シリーズ第三弾!!

下町ロケット ゴースト / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

単体でも面白いが、最終的な評価は、秋に刊行される『下町ロケットヤタガラス』次第で、上がりも下がりもするだろう。一作目のような、一難去ってまた一難と、困難が畳み掛けてくる展開にはならず、問題への対処も、工夫や技術力で切り抜けるわけではないので、グッとくるアツさはない。特に、特許に関する訴訟のくだりは、完全に幸運を拾っただけだったりする。ただ、次作への伏線が多く、そちらで一気に盛り上げる可能性もある。それにしても、ライトノベルスを軽々と凌駕する読みやすさには、ただただ感心してしまう。

2018/07/21

starbro

池井戸潤は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。下町ロケットシリーズは読み続けて3作目、水戸黄門的ですが、気持ちの良いワンパータンです。本作では完結せず、今秋発売の第四弾『ヤタガラス』へ続きます。次作が読めるのは、2か月後でしょうか?

2018/08/27

サム・ミイラ

ドラマを観ていなかったのでまっさらな気持ちで読めました。グーグルでキャストは確認しながらでしたが。今回も流れ的にはいつものパターンでしたが、文体が変わったというかレベルが一段上がったような印象。トランスミッションについても何が何やらでしたがそのぶんリアリティが増してシリーズ中一番面白かった。今回主に苦しむのは佃社長ではなくギアゴーストの伊丹社長。その辺りも関係しているようです。もう後編のヤタガラスを読みたくてたまらない。さすがに上手い池井戸先生。こりゃみんな買うでしょ?にしても陸王にも似てるな(笑)

2018/12/15

ウッディ

ロケットエンジンのバルブ、人工心臓弁に続き、今回はトランスミッション。佃製作所の挑戦は更に続きます。ドラマが先行していたためか、安心してストーリーを追いかけられた反面、ドキドキ感は少なかった印象で、先に小説を読んでいたらという悔いが残りました。善玉と悪玉が明快で、理不尽な目にあった善が悪に一矢報いる池井戸小説の面白さは健在だが、ゴーストではラスボスは登場せず、中途半端なところで終わった感じでした。とは言え、安定の面白さで、登場人物もドラマのキャストに脳内変換され、サクサク読めて、元気をもらえる一冊でした。

2019/01/07

のり

本作では、佃製作所が窮地に追い込まれる事はなかったが、仲間が去る事になるとは…前作から、内に秘めた熱さが伝わり、お気に入りの方だったのに。農業の実態も浮き彫りになりながら次作も出番はあるだろう。それにしても、伊丹の私怨の為に、恩を仇で返すような選択、事前に島津への相談もなく、従業員はついてくるのか…人と人の繋がりに重きを置く、佃社長との差は大きい。島津さん、佃製作所に来ないかなぁ~。

2018/09/19

感想・レビューをもっと見る