読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヒゲとナプキン

ヒゲとナプキン

ヒゲとナプキン

作家
乙武洋匡
杉山文野
出版社
小学館
発売日
2020-10-28
ISBN
9784093865845
amazonで購入する Kindle版を購入する

ヒゲとナプキン / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆうき

トランスジェンダーの杉山さん経験を元にされた"小説"で、エッセイ寄りの内容を期待していた私としては期待外れではありました。三人称で書かれているので、感情移入がしづらく、登場人物も個性的ではありますが基本善人ぞろいで現実味に欠けます。なんていうか、小説だなぁという印象。ただ、性を変える大変さと理不尽さを知ることができ、そこは素直に読んで良かったと思いました。

2021/02/28

きいみ

題名からしてLGBTQ系のお話なのかな…と思いながら読み進めたが、父親に精子提供を依頼する時はどうなるのかと思案しました。 イツキとサトカがお互いに良きパートナーに巡り合えて子供も授かることが出来て良かった。 乙武さんの名前に惹かれて手にとった本でした。 『五体不満足』を書かれたことにより、障がい者の方々の社会情勢が少しずつ明るい未来へと変わっていった様に、『ヒゲとナプキン』により、LGBTQが話題にならない程自然に『世間でいうフツウの世界』に混じり合って暮らしていけることを望みます。

2020/12/19

バトルランナ-

リズム感が苦手。古市 憲寿とライター一緒⁉️ でも仕事上、どうしても読み切りたかった。 周りにlgptpがいないのはカミングアウトしにくい環境だからと言うくだりにスマッシュ。3.5点。

2021/02/06

たま

いくえみ綾さんの装画に惹かれて手に取る。もし、私が身体が男性だったら、身体と意識にジェンダーの違いがあったら、どれほど生きにくい世の中なのだろうかと考えずにはいられませんでした。もっと注目されてほしい本です。

2021/03/14

えがお

実在トランスジェンダーの杉山ふみのさんでも、コラボレーションで作られた小説だが、乙武さん、私小説でないのに表現リアルで感銘!才能溢れる人だな。 トランスジェンダーの知人を直接知らないので(カミングアウトしてないだけ?)その人達の人生や人となりりを垣間見れたのが良かった

2021/03/24

感想・レビューをもっと見る