読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

城あるきのススメ

城あるきのススメ

城あるきのススメ

作家
春風亭昇太
出版社
小学館
発売日
2011-03-10
ISBN
9784093881753
amazonで購入する

城あるきのススメ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆか

昇太さんの本ですが、三津五郎さんのお話がおもしろかったです。幼稚園の頃からお城の写真を集められていたようで、一枚の櫓の写真で「これは何城」とわかったというお話が好き。中世城郭のお城はあまり行ったことがないので、これからは、そちらにも目を向けたいです。子供たちの夏休みなどを利用していく城めぐりなので、どのお城も、暑いという印象が残ってしまっています。いろんな四季にもいってみたい。

2014/03/13

chika

笑点で有名な昇太さんがお城好きとは知りませんでした。しかも、近世城郭ではなく中世城郭好きというマニアックぶり。お城に行こうにもタクシーの運転手さんや地元の人でも知らなくて断られたり…私はやっぱり建物に目が行くのでこんな見方や楽しみ方があるのかーと興味深く読みました。

2016/10/26

Red-sky

メジャーどころの城じゃなくてわずかな遺構しか残らないマイナーな山城の紹介をしていて参考になった。

2017/09/23

てんつく

ハイテンションな文章なので読むの少し疲れる。でも、これだけ土塁で語れる城好きは珍しい(笑)

2013/06/10

HAYASHI Tatsuhiko

春風亭昇太師匠の城歩きエッセイ。さすがは噺家、ストレスなく読み進められるし、スベり芸(?)的なところも含めて、昇太師匠が語りかけてくれているような感覚にさせられる。「日本の城趾は、建築物は復元しようという方向にあるのに、木を切って城本来の姿にしようという動きが少ないのは非常に残念だ。」という指摘は激しく同意。北海道にいるので城を訪れる機会は限られるが、足腰がしっかりしているうちに、飛山城で土塁登りしたい(笑)。ともに城ラブな坂東三津五郎さんとの対談も、二人とも城愛がこれでもかと横溢しており面白い。

2020/10/17

感想・レビューをもっと見る