読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ひかりの暦

ひかりの暦

ひかりの暦

作家
石井ゆかり
松尾たいこ
出版社
小学館
発売日
2014-01-28
ISBN
9784093883122
amazonで購入する

ひかりの暦 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

白花豆

読友さんのレビューを読んで。日本に四季があり、それによって私たちは無意識に生活も人生も歩んでいる。二十四節記を光としてとらえているところが慧眼。昼の長さではなく、光。その長短によって一年は巡り、四季は生まれる。私たちに降り注ぐ光の長さは決まっている。それを楽しまなくてどうしよう。また「生命力は、季節のありのままの特徴に自分をゆだねるのではなく、むしろ季節に反抗し、対抗することを目指す」夏に闇の深さが際立ち、冬には暖かさや明るさの印象が強くなる。占星術家ならではの視点も交え、人間の奥深さまで感じさせる。

2014/03/12

しいたけ

松尾たいこさんの絵を味わいながら、二十四節気にあわせて読んできた。色々な本からの引用も多く楽しめた。五感が記憶するという例えで『はれときどきぶた』をあげていたのが面白かった。秋になると何となく淋しくなるのは、『ちいさい秋みつけた』など秋にまつわるものに寂しい雰囲気のものが多く、刷り込まれているだけなのかな、などと考えながら読んだ。「春から夏に光合成を行い、葉に蓄積された糖分を分解する〜〜蓄えた力の解放が、紅葉なのだ」とのこと。人生の後半に入っていると自覚したいま、「解放」のイメージに胸が沸き立った。

2015/11/04

紫羊

二十四節気そのものではなく、そこから著者がイメージを膨らませたり深めたりして綴った人生訓みたいなエッセイ集です。内容はいつもの石井節で、耳慣れた安心感というんでしょうか、心地良く読めました。イラストも素敵です。

2014/12/23

まゆ

ええ、ご想像通り、松尾たいこの絵が目的です。きれいすぎる。字が邪魔とも思える。見開きで邪魔されずに絵を見たい。文は期待してなくて期待以上。

2016/03/05

びすけっと

2014年2月刊。 ダ・ヴィンチで見かけた本。私自身、暦が好きです。日をみて行動するわけではないのですが。二十四節気はひかりの暦、つまり太陽の暦だと筆者は言います。ふむ。何気ない暦のエッセイなのですが、四季のある東洋の土地にいて良かったと思いました。例えば、4月といえばかなり暖かくなりサクラ、5月といえば紫外線が強くショウブとか。とはいっても、南北に距離のあるこの地、土地土地でまたそれも微妙に変化するのだろう。でも、季節の変化が無いよりはいい。

2014/04/22

感想・レビューをもっと見る