読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本のことは、マンガとゲームで学びました。

日本のことは、マンガとゲームで学びました。

日本のことは、マンガとゲームで学びました。

作家
ベンジャミン・ボアズ
青柳ちか
出版社
小学館
発売日
2015-02-26
ISBN
9784093883955
amazonで購入する Kindle版を購入する

日本のことは、マンガとゲームで学びました。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ホークス

さらりと楽しく読めたけど、意外と紆余曲折の人生を歩んできた著者の至った寛容さ、変わらない好奇心が何より素晴らしい。お手本通りの絵に描いたような人生など無いし、どこにヒントがあるかなんて誰にも分からないと感じた。漫画とゲームの事は分かっているつもりでも、こうして違う価値観から見直すと別の魅力が見える。著者の様に濃密な体験をしてきた人なら一層説得力がある。この世には分け入る価値のある分野が無限にある、という事が嬉しい。

2016/11/27

bakumugi

厚切りジェイソンが笑えるなら、面白いと思う。厚切りジェイソンはインテリが解釈した日本語の面白味をもとにした笑いだが、この人は動機が日本のゲームや漫画が好きすぎ!というあくまで明るいオタクの若者目線だ。漫画と日本語学習の紐付けが強引すぎるわりに妙に納得できて笑える。本人もかなり劇画的で、読んで行くうち北斗の拳のケンシロウにしか見えなくなってくる不思議(笑)。日本語って面白いんだなぁ!と思える一冊。

2016/04/13

まつじん

やっぱり西原理恵子は偉大だ!

2016/08/06

夜狼寺 大

こういうのを「好きこそものの上手なれ」と言うんだろうな。最近、音楽を聴いても、ゲームをしても、テレビを見てもつまらなくて、僕の感性が鈍くなっているのが怖くなる時がある。ネイティブスピーカーになる位に日本のサブカルにのめり込めるベンジャミンを羨ましいと思った。

2019/08/23

phmchb

図書館で見つけた本。

2017/09/26

感想・レビューをもっと見る