読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

池上彰の世界の見方 中東: 混迷の本当の理由

池上彰の世界の見方 中東: 混迷の本当の理由

池上彰の世界の見方 中東: 混迷の本当の理由

作家
池上彰
出版社
小学館
発売日
2017-08-01
ISBN
9784093885553
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

中東情勢の基本が驚くほどよくわかる。

国際紛争の震源地ともいえる中東。
イスラム過激派によるテロが頻発し、大勢の難民が欧州に流入。
なぜこんなことになってしまったのか?
その答えを見いだすには、歴史のどの地点から見直せばよいのか?
池上さんは、現在の中東の混乱は、1978年のソ連によるアフガニスタン侵攻から振り返るとわかりやすい、と言います。
自称「イスラム国」(IS)が誕生して世界でテロが頻発するようになるまで、約40年の間に何があったのか? 
大国の身勝手、イスラム教の宗派対立、土地や資源をめぐる争い。
理解しがたい中東の真実が、池上さんによって鮮やかに解説されます。
本書は、池上彰が選ぶ独自のテーマで、世界の国と地域を解説する『池上彰の世界の見方』シリーズの4冊め。
中東とイスラムの基礎・基本がよくわかります。

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

池上彰の世界の見方 中東: 混迷の本当の理由 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かいゆう

イスラム国をどうにかする事はできないものか…などと思っていたが、壊滅させればいいという簡単な事ではないのだなと思った。それではまた新たな火種を生むだけ。太平洋戦争後も日本の天皇を残したGHQのやり方は確かに正しかった。中東は民族や宗教の問題で争いが絶えないのだと思っていたが、ソ、米、英、露の関わりがこんなにもややこしくしているのか。イスラム教、ユダヤ教、キリスト教の項目はとても分かりやすかった。争いが減っていくためには貧困をなくす事、教育が鍵を握っている、という意見は私も同じです。

2017/10/02

ふっかー復活委員長

「砂漠の盾作戦」の名前はカッコいいが、石油利権が絡んだ歪な体制が、ビンラディンの反発をもたらし…▼オーストリア皇太子夫妻を暗殺し、第一次世界大戦の引き金を引いたセルビア青年の名はガヴリロ・プリンツィプ。伊坂幸太郎さんの『火星に住むつもりかい?』でも彼について言及されていたはず▼「黒い九月」のミュンヘン五輪事件は、2005年にスピルバーグが映画にしている。ここから、更に世界に憎しみが広がっていった。▼都立国際高校の皆さんが、優秀過ぎてビビる。日本の未来は任せた(←おい)!

2018/05/10

ky

パパブッシュは、イラクに攻め入る際、国連軍を組織し、キリスト教vsイスラム教という構図を意図して避け、撤退後にイラク国内を治めるためにフセインを残した。が、息子ブッシュは、9.11テロを受けて、十字軍と口走り、パパの敵討ちとしてイラクに難癖を付け、泥沼のイラク戦となった。賢明な指導者こそ、あらまほしきもの。サイクスピコ協定、フセインマクマフォン協定、バルフォア宣言、イギリスの三枚舌外交がパレスチナ問題の起源。中国も韓国も、日本だけを責めるんじゃなくて、イギリスとアメリカの責任をこそ追及してもらいたい。

2017/12/31

中高生向けの授業が元なので分かりやすい。しかしルワンダもユーゴも中東もそうなんだけど、背後の大国の思惑に踊らされ、代理戦争と化し、摩耗していく姿に真田はともかくとして日曜夜の井伊家の悲哀も思い出し、しみじみしんどい。オスロ合意はノルウェーのおかげなのに、最後にアメリカがしゃしゃりでてきたという池上さんの表現に笑ってしまった。最初はそっぽを向いて、目も合わせなかったイスラエルとパレスチナの代表がノルウェーの海に沈む夕陽を眺め、ゆっくりと歩み寄ったという話を大昔授業で聞いて、いい話だなあと思ったので、特に。

2017/09/18

Tenouji

日本ではなく、インドが東の端なので、中東なのね。その昔、日本赤軍がイスラエルのテルアビブ空港でテロを行ったことがあるんだ…

2019/01/28

感想・レビューをもっと見る