読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

富美男の乱

富美男の乱

富美男の乱

作家
梅沢富美男
出版社
小学館
発売日
2017-09-25
ISBN
9784093885683
amazonで購入する Kindle版を購入する

「富美男の乱」の関連記事

浮気の真相、極貧の少年時代、役者としての生き様… 梅沢富美男が本音で語りつくす

『富美男の乱』(梅沢富美男/小学館)

 言われりゃ納得、抱腹絶倒、時々涙の痛快エッセイがいざ出陣。当代きってのご意見番・梅沢富美男のエッセイ『富美男の乱』が、2017年9月25日(月)に発売された。

「日本で今いちばん忙しい男」と呼ばれ、バラエティからワイドショー、ドラマに特番までテレビに引っ張りだこの梅沢。同書は、いまや絶滅してしまった昭和の男のストレートな言葉の数々が、言いたいことが言えなくなってしまった息苦しい現代社会に「乱」を起こす1冊。

誰も言わなくても、俺は言う。言い続けるぞ。それが『富美男の乱』だ。そう思うに至った日々の出来事から、俺の家族のことやふるさとへの思い、役者人生、そして浮気の真相まで、包み隠さず書いてみた。毎日吼えている裏側にはこういうことがあったんだな、と知ってもらえたら、ちょっとうれしい。俺の生き様から生きる知恵やヒントを見つけてもらえたなら、もっとうれしい梅沢富美男

 天才子役、極貧の少年時代、努力と研鑽、そして一発大逆転。若い世代からは「元プロゴルファー」「女装好きのコメンテーター」などと思われている梅沢が、改め…

2017/10/15

全文を読む

関連記事をもっと見る

富美男の乱 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

donboo

最近はバラエティー番組でご活躍の梅沢富美男さんの本音エッセイ。劇団一家に育ち女形役者、夢芝居を歌う人で、俳句を詠むのが上手なおじさん程度しか知らなかったけれど!役者が本業だからテレビへの執着心は無いという梅沢さん。映画俳優を目指しオーディションで目が小さいからという理由で夢破れた梅沢さん。ダウンタウンの浜ちゃんとの絡みが大好きなんです。これからも応援しています!

2019/05/26

青木 蓮友

もともと好きでしたが、さらに大ファンになりました。とっても清々しい読後感。意外や意外おいしいお水がスーッと身体に沁みこむような、自然で、負担のない言葉の数々。間違ったことに違うと言って筋を通してる、ただそれだけなのにどうしてこんなに響くのか、、あらためて「乱」を起こさざるをえない梅沢さんの気持ちが迫ってきます。ハッと立ち返らせてくれる視点、厚みがありながらも自由で透明な眼差し、それでいて中心にドンとある軸。梅沢さんの生き様を目の当たりにして、自分の心に影響を受けた感触がすごい。一所懸命、頑張ります。

2017/11/26

Ayano

字が大きくて読みやすい。 夏井いつき先生はお酒を飲むとかわいいらしい。

2017/12/28

たま

まっすぐ元気で、気持ちがよい。舞台を見てみたい。

2017/11/16

punyon

う~ん、「乱」というからには、もっと過激な内容を想像したのだが、ちょっぴり批判も交えながらこれまでの梅沢ヒストリーが語られているだけで残念賞の1冊

2017/12/26

感想・レビューをもっと見る