読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

池上彰の世界の見方 朝鮮半島: 日本はどう付き合うべきか

池上彰の世界の見方 朝鮮半島: 日本はどう付き合うべきか

池上彰の世界の見方 朝鮮半島: 日本はどう付き合うべきか

作家
池上彰
出版社
小学館
発売日
2018-04-16
ISBN
9784093886055
amazonで購入する Kindle版を購入する

池上彰の世界の見方 朝鮮半島: 日本はどう付き合うべきか / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ホシ

池上彰氏が東京都立西高校で行った授業を基にして書かれた朝鮮半島の現代史に関する解説書。中高生向けですが、たいへん勉強になりました。今まで知らなかった事ばかり。「内在的理論」という言葉も初めて知りました(恥)。本書を読むと、人は実に愚かで滑稽な生き物だという事を思わずにはいられません。勿論「朝鮮半島の人が」という意味ではありません。人は利己的で、己の見たいもの、聞きたいものを見ようとし、聞こうとする。そういう人の姿を受け入れてこそ平穏な世界が開かれるように思います。同シリーズの他の本も読みたいです。

2018/12/01

カズチ

本書は池上さんが行った高校授業を元に構成されており、戦後の韓国・北朝鮮の歴史、領土問題や思想等の基礎知識が分かりやすく記載されていました。 改めて韓国が民主化30年であることを再認識しました。

2018/05/23

サラダボウル

時間がある時にやや固めなものを、と本書。出版は今年4月だけど(この手の本は図書館予約が少ない)、その後も状況は変化している。本書は、都立西高校での対話式なので読みやすい。歴史を正しく認識し、それぞれの内在的論理を理解する。過去の歴史に対して若者に責任はないけれど、事実を知り自ら考え、これからの未来を世界の若者と造っていってほしい。それが本書で伝えたい事かな。

2018/07/03

サラダボウル

こども達が自分の調べ学習に使うだろうか‥と、私自身は専ら図書館派なのに、この本は購入して家にある。今回の日本政府の対応は、素人目に見ても、?な感じ。若者へどう説明すればいいのか?そもそも若者はそんな事考えなくていいんだよって感じかな。あまり、政治がらみな事は書きたくないが、なんか色々妙な感じがする‥。

2019/07/03

とっしゅ

私たちは、内在的論理を理解したうえで隣国との付き合い方を考えなければならない。「北朝鮮は〜だ。」「韓国は〜だ。」と思うのではなく、しっかりとその国の歴史を知り、過去になぜこういうことが起きたのかなどをちゃんと理解することが大事。

2020/02/07

感想・レビューをもっと見る