読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

池上彰の世界の見方 ロシア: 新帝国主義への野望

池上彰の世界の見方 ロシア: 新帝国主義への野望

池上彰の世界の見方 ロシア: 新帝国主義への野望

作家
池上彰
出版社
小学館
発売日
2018-11-14
ISBN
9784093886291
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

謎の多い国ロシアの実像を池上彰が解説。

「おそろしあ」という言葉がある。「恐ろしい」と「ロシア」を合体させた造語。
イギリスに亡命していた元ロシア軍のスパイの男性が毒ガスで殺されかかったり、国際紛争への介入を繰り返したり。
そんなニュースを見ると、「怖い国」と思いがちだがロシアにはそれなりの事情と論理がある、と池上彰は語る。
隣の大国でありながら、ロシアのことを私たちはどこまで知っているだろうか。
北方領土問題をめぐるロシアの言い分と日本の主張の食い違いは何か?
建国当初は世界の期待も大きかったソ連型社会主義はなぜ崩壊したのか?
今のロシアはソ連の時代と同じなのか、違うのか?
絶大な権力を握るプーチン大統領はロシアをどこへ持っていきたいのか?
ロシアという国の基礎基本から、今後ロシアがどのような方針を打ち出しそうかまで、渋谷教育学園渋谷中学校・高等学校、同幕張中学校・高等学校の生徒たちに行った渾身の授業をもとに構成。

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

池上彰の世界の見方 ロシア: 新帝国主義への野望 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

「渋谷教育学園渋谷中・高等学校、幕張中・高等学校の生徒たちに行った授業」を元にしたってどんなコネで池上彰を呼べたんだろう?いつもの如く基礎から現代までわかりやすく解説。でも目新しさはなかったな。いずれにしても安倍政権とプーチン政権が並び立つ今しか北方領土解決と平和条約解決にはならないんだろうな。高校生に質問してるけどほとんど正解していた。さすが偏差値高いだけある。それとクリスマスはロシア正教では1月7日なんだって。ほんと?

2018/12/19

ごへいもち

相変わらずのわかりやすさ。為政者たちに歴史を学んで欲しい。しかし渋谷幕張や渋渋の生徒のレベルの高さにはビックリ、1年経ったら東工大とかだもの当然かな

2018/12/16

hk

2018年版プーチンカレンダーの10月の絵面が大変にエキサイティングだ。獲物を求めて銃をたずさえ荒野にさまよう上半身裸のプーチン(67歳)…一体誰をターゲットにしているのだろうか?それを考えるだけでウブなオイラはドキドキしてしまう。十中八九合成写真だろうが、二次元派のオイラにとってはそれこそがツボ。2019年版のプーチンカレンダーにも食指が動きそうな勢いだ。もちろんアマゾンでコンビニ受取りによる購入と相成るわけだが。さて御託を並ばるのはここまで。本書は有用な情報がてんこ盛りだ。折を見て読み返したい。

2018/12/28

サラダ

ロシアについて基本的なことを学べました。北方領土問題をロシアの立場からみることも必要だと理解できました。相変わらずの安定のわかりやすさですが、更に知識を深めるために参考文献を載せてくれるとありがたいです。4月に出るシリーズ第8弾は「東南アジア」だそうで、それも楽しみです。

2019/01/24

purupuru555

遠いようで近い国、ロシア。相変わらず分かりやすく読みやすい。

2019/01/14

感想・レビューをもっと見る