読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天国と、とてつもない暇

天国と、とてつもない暇

天国と、とてつもない暇

作家
最果タヒ
出版社
小学館
発売日
2018-09-26
ISBN
9784093886444
amazonで購入する Kindle版を購入する

天国と、とてつもない暇 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tenori

難解でも心地よさを感じるのは、たぶん最果タヒは読み手に対して共感を求めていないからではないか。どことなく突き放す感じ。その言葉に傷つく人もいれば、救われる人もいるだろう。個人的には最果タヒの放つ言葉に意味は求めない。そのリズム感や、映像が見えるような、旋律を奏でるような、独特の感性。そこに描かれているのは日常なはずなのに、最果タヒというフィルターを通って伝わる言葉の列は非日常になる。

2020/07/07

麻衣

成人式からの余生がまだ六十年くらいあって、ひとは好きにならなきゃいけないし、部屋を飾る花も買わなきゃいけない。一度だって死んだこともないくせに今度生まれ変わっても一緒だよとか言えちゃうバカのあの傲慢さってなんなの。嫌いな奴にさえじぶんを端っこからちぎって笑顔で分け与えること、それっておまえただのアホですよ。会ったこともない男と女が付き合っているだけでそれでもひとつの愛が消費されたような気がして、わたしのなかで分解されたかつての牛や豚ってなんのために生きてたの。お願いだから、わたしより生ぬるくならないでよ。

2020/11/16

八百

生きているのを忘れるために甘いものを食べている私というものを忘れるために美しいものを見つめてみる〜はたまた岩肌に刻まれてみたり蒸発して星になってみたりひょっとして既にもう亡くなってしまっているのかしらと勘ぐりたくなるほど存在の薄い肉体がそこにある。言葉を感じるのが詩なのだからアンダーラインを引いて一語一句を分析したりするのは野暮なのだけど僕のくたびれた受信器はだんだんと新しい電波に対して針が振れなくなって来ているようだ。でももうひと頑張りしてくれないかな、タヒさんのとびきりの言葉にもう少し触れていたいから

2020/01/26

千穂

著者の詩集は初読。若い感性が時々私にはくすぐったい。今回図書館で借りてザッと目を通したが、手元に置いて時々読み返してみたい一冊となった。

2019/01/06

mm

詩の鑑賞レベル入門編の私が、最果さんの詩を読む楽しみは、「ように」「ような」で繋がれる比喩の言葉合わせのセンスです。例)大きな肉体が隣で横たわっているような気温/お祭りの提灯はずっとむかしの夏から出張してきたようで、ほっとします/煙突も鉄骨も空もアンテナもすべてが花として散る星のように思えた、/透明のエイやイルカがすぐそばを泳いでいるような、そんななまぬるさ、やわらかさ。/etc.出会いの中にはすでに別れがあり、繋がるということはは孤独だからこそできることみたいな、リバーシブル仕立てもあると思うけど…

2019/09/19

感想・レビューをもっと見る