読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まなの本棚

まなの本棚

まなの本棚

作家
芦田愛菜
出版社
小学館
発売日
2019-07-18
ISBN
9784093887007
amazonで購入する Kindle版を購入する

まなの本棚 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

以前から気になっていた芦田 愛菜の読書ガイド本、ようやく読めました。彼女は古典から現代のエンタメまで幅広く読書をしています。彼女との共読本は、26作でした。山中伸弥と辻村深月との対談もGOODです。こういう読書家の中学生が増殖すると、日本も未来に希望が持て、良くなる気がします。

2019/11/10

ポップノア

年間100冊以上本を読むと言う芦田愛菜ちゃんのエッセイ。私よりも大人な選書の数々に驚かされます。沢山本を読むから賢いのか、賢いから沢山本を読むのかは解りませんが、知的好奇心旺盛で感受性豊か、心底本好きなのが伝わってきます。重松清さんの「きよしこ」を紹介されていて嬉しくなりました。山中伸弥先生と、辻村深月さんとの対談も収録されていて、興味深いお話を幾つも聞き出しています。辻村さんも仰られていましたが、小説家デビューする日も近いかも。こんなにも読書好きな愛菜ちゃんなら、読メにも登録しているかもしれないですね。

2019/08/02

kanegon69@凍結中

こんな風にまなちゃんのおススメや、お気に入り、感じた事に触れられて、とても新鮮でした。しかし、お読みになる本のバラエティーの広さは素晴らしい。偏りなく色々なジャンルをお読みになっているなんて、なかなか出来ないと思います。でも、辻村深月さん作品への愛はものすごく感じましたね。ある作家さんを凄く深く好きになって作品を追いかけるのも読書の楽しみ方のひとつ。いやはや、立派な読書家だと思います。ますます読書され、いつの日か、芦田愛菜という作家の小説を読む日を楽しみにしています。そして役者としての成長も楽しみですね!

2019/08/03

すぱちゃん

無類の読書好きを自称する芦田愛菜による読書ガイド。私の好きな作家さんもそうでもない作家さんの本も紹介されているが、感想は簡潔で分かりやすく、読みやすい。やや簡潔過ぎる感じもするが。最近の子どもたちってどんな本読むのかな?と思って手に取りましたが、意外と色々読んでいて、また、友人同士で感想語り合ったり、好きな登場人物について語り合ったり、私が子どもの頃より、読書環境良いのかな?うらやましいです。

2019/10/22

Makoto Yamamoto

芦田愛菜ちゃん、予想以上の多くの本を多岐にわたって読んでいてビックリ。 各々の感想についてもしっかりした文章で書かれておりさらに驚いた。 山中伸弥先生、辻村深月さんとの対談でも中学生らしさをもってシッカリ質疑応答していた。 同世代ばかりでなくいろんな世代の人に読んでほしい本。

2020/01/13

感想・レビューをもっと見る