読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ロスねこ日記

ロスねこ日記

ロスねこ日記

作家
北大路公子
出版社
小学館
発売日
2020-01-30
ISBN
9784093887533
amazonで購入する Kindle版を購入する

ロスねこ日記 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

修一郎

北大路さんが昔飼っていた猫は斎藤さんだったね,読んでて思い出した。’旅猫レポート’ばりの思い出満載のエッセイかと思いきや,椎茸-スプラウト-ヒヤシンスの栽培日記っていう,完全にタイトル勝ちの本だ。単行本にまでもっていけたのは,編集者K嬢の粘り勝ちだ。椎茸は簡単で楽しめてよさそうだけれどもその他は面倒で収穫を味わう達成感と手間とのバランスが悪そうだ。面倒くさいなと思ってやっているのが文章からありありでしかも17年ぶりに猫を飼いはじめたそうなので,続編は家庭菜園!とかいうのはなさそうだ。

2020/10/03

美登利

少し体調がすぐれない時に読んだからかな〜。キミコ先生のご本なのにノレなかった。いつもの鋭さが足りなかったような気がして。ペットロスって引きずるね、まして猫は一日中家に居るわけだから絶えずそこに居て当たり前だから尚更だね。そこここに愛猫との思い出が溢れていて、植物(野菜)を育てていてもつい思い出しちゃうんだな。そんなキミコさんが可愛かったです。

2020/02/17

ででんでん

公子先生、今作も楽しかったです~😁今回先生が生活を共にするのは、「ユメメ」「ピリリ」「カーたん」…いったい何の名前でしょうか?みなさん想像してみてください‼さらに「われ松」「から松」「まめ松」「つる松」「もじゃ松」「ひめ松」の兄弟。さらにさらに「きせのさこ」「けめたけ」ちょっとだけ見えてきたかな?彼ら彼女らと共に公子先生は、あるときはアイドルユニットのマネージャー、あるときは六つ子の母として味わい深い活躍を繰り広げます。ちょいちょい爆笑しつつ、なんとなくしんみりしたり、ほのぼのしたりの大好きな本でした。

2020/05/23

tetsubun1000mg

愛猫が亡くなって、埋められないペットロスから立ち直るために編集者のK嬢とともに植物栽培に取り組む北大路さん。椎茸、スプラウト、ヒヤシンスと定番のようだが北大路さんが書くと、アイドルグループになったりデビューを目指したりと妄想が広がっていく。調べ物をPCで検索するときはググるのが普通だと思うのだが、北大路さんは「Google最高顧問にお伺いを立てる」そうだ。最高! 後半は強風や地震、父親が突然亡くなったりと大変だったようだがたくましく生きられているようだ。 飼い猫ロス解消にはまだまだ時間がかかりそう。

2021/05/18

アクビちゃん

【図書館】北大路公子さん、お初なのですが、面白〜いヽ(=´▽`=)ノ いや〜、好きだわ〜😊 と、言うか大好きになりました💓 タイトルから、猫を亡くした寂しさをつらつらと書いているのかと思いきや、飼い猫を亡くした寂しさを、植物を育てる事で埋めようと、椎茸やスプラウト、ヒヤシンス栽培を初める著者。ただの栽培日記と言えば、そうなんだけど、なぜか猫愛を感じるし、なんにせよ妄想が面白いのよー! 前に読友さんのレビューで興味持ったんだけど、もっと早く出会いたかったわ。これから、追い掛けます(^^) 

2021/02/04

感想・レビューをもっと見る