読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

PLATONIC SEX(小学館文庫)

PLATONIC SEX(小学館文庫)

PLATONIC SEX(小学館文庫)

作家
飯島愛
出版社
小学館
発売日
2001-08-03
ISBN
9784094023961
amazonで購入する Kindle版を購入する

PLATONIC SEX(小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Shoji

飯島愛さんが存命中に記した手記です。不思議な本でした。読んでいる最中は全く共感できませんでした、嫌悪感すら感じました。ところが読み終えた今は、飯島愛さんをリスペクトしています。なんとも不思議です。壮絶な人生をまるでバブルのように太く短く生き抜いた感があります。今となっては、安らかな眠りを祈るだけです。

2019/03/23

記憶喪失した男

不良少女の自伝。口述筆記。女性心理の描写が最高にうまい。おれが思うのは、月300万円くらいのお金を一回くらいなら二十代の正社員の男なら出せると思うところだ。

2017/10/28

青葉麒麟

改行が多くて読みやすい。バブル真っ只中が青春時代で金遣いの桁が違くて吃驚した。親御さんは本当に大変だったんだろうなぁ。割合と感情的になってるので読んでる此方は冷静。両親と和解出来たのは良かったな。

2013/05/13

ゆか

平々凡々な生活を送ってきた私には、壮絶すぎる人生だなぁ〜と。ここまででも充分壮絶な人生を送ってる著者が、この後更に壮絶な運命を辿るわけですが…。石川さんの死は、その後の著者の死に被ってしまい、何とも言えない気分に…。「人って、してあげたことは覚えてるくせに、してもらった事は忘れる」とありましたが納得。残念ながら石川さんにしてもらった事は、お金絡みばかりでしたが、明美との思い出はしてもらった優しい出来事も多く、その部分が唯一ホッとできるシーンでした。

2015/02/12

かなーな

色んな気持ちが自分と重なって、何度も涙が出た。痛々しくて、切ない。両親から受ける愛を、愛としてきちんと受け止められていたかどうかはかなり大きく人生の価値観を左右させると思う。共感できる本はそれだけ感情移入もし易く、心に響く。読んでよかった。

2016/06/20

感想・レビューをもっと見る