読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あなたの声に応えたい (小学館文庫)

あなたの声に応えたい (小学館文庫)

あなたの声に応えたい (小学館文庫)

作家
阿川大樹
出版社
小学館
発売日
2014-06-06
ISBN
9784094060539
amazonで購入する Kindle版を購入する

あなたの声に応えたい (小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hundredpink

沖縄お仕事小説

2020/05/30

dr2006

沖縄へUターンしコールセンターで働くことになった一人の女性の物語。地方では非正規雇用の一助となっているとは聞くが、コールセンターが請負う業務は、販売に留まらず問い合わせ対応やクレーム処理等多岐に渡っている。センターで働く人は本名を名乗らず、委託元の社員であるかのように演じきるのだそうだ。それは、クレーマーのような横柄な相手にも感じ良く冷静に対処する方法の一つらしい。この作品でコールセンターの仕組みを内側から知ることが出来て良かった。自分は普段コールセンターを殆ど利用しないが、イメージが+に変わった(笑)

2019/03/30

ユズル

コールセンターは山ほどあります。どの会社でも独自の会社ルールがあるのでしょうが、この物語のコールセンターが実在するのなら、芸名(?)を名乗って仕事をする所もあるのでしょうか(・・;)あまり小説でこういう現実的なのは読むのを避けていたのですが、なんとなく読後感は爽やかで、前向きに仕事をしようと思いました…たぶんすぐ忘れるけど(((^_^;)

2014/07/13

coco夏ko10角

沖縄でのコールセンターのお仕事。初めて知ることもあり、さらりと読めて面白かった。

2017/09/26

生田目 房一郎

 沖縄、那覇新都心が舞台。米軍基地のあった所で、返還後に開発が進んで国際通りに迫る賑わいを見せている。作者は東京出身なのに、その手の感慨やジレンマなどをすっぱり表現。東京から戻って、コールセンターに勤める理美ことリーミー。生まれ育ったコザの町からおもろまちに通う。やさぐれたクレームを入れる人間に入れこんで何になると常連店の、これまた消極的なアドバイス。電話応対コンクール。 音楽に溢れる地、会話もチューニングが大事。読メでも回線や電線、グリッドマンでは怪獣が送りこまれ、人同士の点と点はいろんなものが結ぶ。

2020/12/06

感想・レビューをもっと見る