読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

きみと歩く道 (小学館文庫)

きみと歩く道 (小学館文庫)

きみと歩く道 (小学館文庫)

作家
ニコラス・スパークス
Nicholas Sparks
雨沢泰
出版社
小学館
発売日
2016-08-05
ISBN
9784094063288
amazonで購入する Kindle版を購入する

きみと歩く道 (小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たみき/FLUFFY

ニコラス・スパークスの小説は、こういう「映画化原作」という括りで読まない限り手に取らないジャンルですが、なんだかんだいって3作くらいは読んでるはず。どれにも共通しているのは、メインの男性が完璧に近いくらいの人格と能力を持っていること。女性に対する態度もそうなので、ダメ男が頑張る系のを求めている人には向かない。今作は、第二部でとある選択を迫られ、それをどうやって選ぶかがテーマ。スパークスがダメ男を主人公にした小説書いたら読んでみたい気はするな。

2016/08/31

hiro

こういう結末にしたかったのかな?

2016/12/10

感想・レビューをもっと見る