読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いつの日も泉は湧いている (小学館文庫)

いつの日も泉は湧いている (小学館文庫)

いつの日も泉は湧いている (小学館文庫)

作家
盛田隆二
出版社
小学館
発売日
2016-09-06
ISBN
9784094063349
amazonで購入する Kindle版を購入する

いつの日も泉は湧いている (小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

terukravitz

図書館本★☆☆☆☆

2019/05/09

Tadashi Totsuka

著者の盛田隆二さんは61歳、高校時代のベトナム戦争反対、日米安保反対の学生運動の嵐が吹き荒れるなか、高校生活を送り、学校の校則や受験の予備校のような授業などに疑問を持ち、学生運動にのめり込んでいく。その当時の仲間は、いろんな道を歩み、憧れだった真生子は、写真家となり、癌に侵され亡くなる。ジョーン•バエズのWe Shall Overcomeの抵抗の歌は記憶にあります。

2016/11/11

麻亜

作者の半自叙伝ということで物語としてはそうでもなかったが、当時の学生運動というものに興味があったので、それなりに良かった。

2017/08/12

Yoshldaのヨッチャン

世の中がどう動こうが、変わりなく湧き続ける泉のように、人の世は絶え間なく続いていく。滋養にとんだ新鮮な水が世の中を浄化して欲しい、が、真生子さんの思いではないのか。物語の時代に高校生だったら自分はどう動くだろうか。きっとノンポリでしかいられないのだろうな。

2017/02/26

ナオ

あの時代に高校生でいることは大変ですね。

2016/10/13

感想・レビューをもっと見る