読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おろしや間諜伝説: ゴルゴ13ノベルズ3 (小学館文庫)

おろしや間諜伝説: ゴルゴ13ノベルズ3 (小学館文庫)

おろしや間諜伝説: ゴルゴ13ノベルズ3 (小学館文庫)

作家
船戸与一
さいとう・たかを
出版社
小学館
発売日
2017-07-06
ISBN
9784094064209
amazonで購入する Kindle版を購入する

おろしや間諜伝説: ゴルゴ13ノベルズ3 (小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

黒豆

ゴルゴ13ノベルズ3作目、出生の秘密に迫るストーリー当然漫画は読んでいて特に飛行機から飛び降り自殺するシーン顔の表情を思い起こした。小説化に適する作品はまだまだあると思うので、期待したい。

2017/07/09

Katsuto Yoshinaga

劇画ゴルゴ13のノベライズ第3弾。本歌は約40年前の1977〜1978年に発表。本作はゴルゴシリーズで人気のあるゴルゴ出生の秘密モノである。大船戸が外浦吾朗とした関わったゴルゴ出生モノは、本作と「毛沢東の遺言」のようで、ノベライズ化された前2作とは若干趣が変わり、エスピオナージュもの。解説は佐藤優氏でお得意のインテリジェンス解説が楽しい。大船戸が存命であれば、もう一つの出生モノのノベライズもどう今風にリライトするのか読んでみたかった。残念。

2017/12/24

まえぞう

最後は、かつてシリーズでも人気だった、ゴルゴの出生の秘密を探る作品の一つです。随分と前の話しで、時代を現代にしてゴルゴを語るため、一世代追加されています。そのためか、原作のストーリーをベースに幾分手が入れられています。船戸さんが亡くなってしまったので続きは期待薄でしょうが、原作を何話かコンバインして、アレンジし直したようなノベライズがでれば面白いのではと思います。

2018/12/25

Eiji Nanba

ゴルゴ13ノベルズ第3巻。読み始めて2時間弱、ほぼイッキ読みにて読了。原作に上手な味付けをして、読み手を飽きさせることがなかった。更に次を読みたいが、著者は既に鬼籍に入っている。残念です。合掌。

2019/09/23

トールマン

2017/11/01

感想・レビューをもっと見る