読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

サラバ! (中) (小学館文庫)

サラバ! (中) (小学館文庫)

サラバ! (中) (小学館文庫)

作家
西加奈子
出版社
小学館
発売日
2017-10-06
ISBN
9784094064438
amazonで購入する

サラバ! (中) (小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゴンゾウ

中巻になっても勢いは全く止まらない。ぐいぐい引き込まれる。家族ってなんだろう。生きるってなんだろう。愛するってなんだろ。そんな言葉を浴びせ続けられているようだ。 全く予測がつかない展開。歩、もっとしっかりしてくれ!

2018/10/14

つぼ

登場人物のそれぞれの人生に引き込まれつつある。どうなるんだろう?下巻が楽しみ。

2017/12/04

nuit

中巻読了。語り手の10代から20代への成長と、それを取り巻く相変わらずの圷家の、あるいは今橋家の騒動。読みながら思い出すのは、自分自身の10代〜20代…青かったなぁ。つづけて下巻へ進みます。

2018/01/18

ゴルフ72

いよいよ青春真っただ中の歩 大学での鴻上との出会い、そして晶との関係・・・次々といろいろな環境が変化していく中「サトラコヲモンマサ」の意味を知ることとなる。父やア姉に対する心の葛藤がありながら成長する歩・・・」さあ下巻に行きますか!

2017/11/07

ピロ麻呂

人生において人との出会いが最も大切なことだと思う。当然、家族と過ごす時間が長いのだから影響を受けやすい。歩も自由奔放な母と特殊すぎる姉と過ごす日々は人格形成に少なからず影響を受けたはず。素晴らしい父親がいてくれてよかったよね。サトラコヲモンサマ…そういうこと!信じる者は救われるってことやね(^^)

2017/10/09

感想・レビューをもっと見る