読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

神様のカルテ0 (小学館文庫)

神様のカルテ0 (小学館文庫)

神様のカルテ0 (小学館文庫)

作家
夏川草介
出版社
小学館
発売日
2017-11-07
ISBN
9784094064704
amazonで購入する Kindle版を購入する

神様のカルテ0 (小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

射手座の天使あきちゃん

お気に入りのレビュアー様が続々と読まれるのを横目で睨みながら文庫化まで苦節2年ひたすら我慢❕(笑) 神様のカルテの道路元標みたいな本ですね。 やっぱり好き、芯の強い榛名姫♡ ブレない「いぶし銀」金山事務長 いかにも豪放磊落太っ腹の大狸先生 あれ、「御嶽荘」に専務なんて居ましたっけ❔ それにしてもいつ読んでも本庄病院のお医者様は過労死一歩手前ですねぇ、これが日本の医療現場の縮図じゃないことを祈ります❕ <(^_^;

2017/12/23

五右衛門

読了。シリーズ4作目?主人公が医学生時代のお話でした。このシリーズ好きなんですよね~登場人物がこれでもかってくらいいい人たちで。今回も御嶽荘の各面々が神棚にお供えし、御参りをする。なかなかいませんよ。そんな住人たち。そこが新たに帰る場所になりつつある榛名さん、いい、いい 内容は相変わらず医療現場で闘い続ける医者、研修医、看護師の物語ではあるんだけれど、患者のことを想いながら全力をつくす。考えるのはその後のこと。できていないです私。続編希望します。

2019/05/07

ゴンゾウ

エピソード0。神様のカルテで出会う前の物語。懐かしいやら新たな発見もふんだんにありとても面白かった。本編では嫌われ役の金山事務長。実はとても志の高い人間味のある人物だった。それにしてもみんな若いですね。とてもキラキラしていた。続編を心から待ち遠しく思います。

2018/05/04

★グラスハート★

2.5 本庄病院の事務長の思い、一止の学生時代、一止の研修医時代、榛名の冬山物語の4短編が収録されている。 私的には、一止の研修医時代の「神様のカルテ」が一番好きかな。 最近はそんなに思うことはなくなってきたけど、何か壁や打たれた時に、人は産まれた時点で終わりまでレールは引かれていると。何をどう頑張った所でそれはすでに決まった事でどうすることも出来ない。と負の思考に陥っていた。誰も答えはわからないけど、未来は変えられると希望を持つ方が幸せだろう。という事を想い出させてくれた作品でした。

2018/04/08

pontax

やっぱり好きだ、この本。これまでと同様にきれいな文体。脳裏に浮かぶ美しい信州の風景。登場人物の心情がすっと入ってくるような優しい表現。でも、力強く揺るがないものをすべての登場人物から感じられる。『相手が何を考えているのか、考える力を「優しさ」というのです』病と向き合う元国語教師のこの言葉。これから僕の人生において、大切にしていきたいと思う。

2017/11/18

感想・レビューをもっと見る