読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鳩の撃退法 (上) (小学館文庫)

鳩の撃退法 (上) (小学館文庫)

鳩の撃退法 (上) (小学館文庫)

作家
佐藤正午
出版社
小学館
発売日
2018-01-04
ISBN
9784094064865
amazonで購入する Kindle版を購入する

「鳩の撃退法 (上) (小学館文庫)」のおすすめレビュー

石田ゆり子絶賛で品薄状態に!『鳩の撃退法』の内容とは

『鳩の撃退法』(佐藤正午/小学館)

 48歳とは思えない美しさを持ち、“奇跡のアラフィフ”とも形容される女優・石田ゆり子。そんな彼女が最近ハマった本があるという。

「散歩、読書、珈琲。この三つが合わさったときがわたしの至福の時なのです。ほぼ日のみなさんに勧められた佐藤正午さん著『鳩の撃退法』。止まりません。夢中です」

 文庫版『鳩の撃退法』(佐藤正午/小学館)を開く石田の姿を写したInstagramの投稿に「どんな本なのでしょうか」「私も読んでみたい」と、ファンたちの間でたちまち話題になり、この書籍は全国各地で品薄状態になった。Amazonでも今も「1~2か月以内に発送」という状態(※2/13時点。現在在庫あり)で、「はやく読みたいのに手に入らない…」という人も多くいるようだ。『鳩の撃退法』とは一体どんな本なのだろうか。石田ゆり子は何に惹きつけられたのだろうか。

 主人公は、直木賞を2回受賞したと噂される作家・津田伸一。かつては売れっ子作家だったが、今では落ちぶれ、無店舗型性風俗店「女優倶楽部」の送迎ドライバーとして働いている、女たらしの「ダメ男」…

2018/2/17

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

鳩の撃退法 (上) (小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のり

直木賞作家・津田伸一はデリヘルの送迎ドライバーに…所持金も少なく、女の家を転々とする日々。偶然顔見知りになった一家3人の失踪と、古本屋店主「房州」老人から受け継いだ謎の大金。双方に裏社会の人物の影が…巻き込まれたのか?自ら進んでの行為か?事件を小説にしようとする津田だが…カギを握りそうな人達が沢山いる。どういう結末に向かうか楽しみ。下巻へ。

2018/07/04

nico

謎が新たな謎を呼ぶ。頭の中に?や!が増え続け、読み出したらもう止まらない。これはそもそも、直木賞を二年連続で受賞した元作家・津田伸一の創った小説なのか?どこまでが事実なのか?人が次々に失踪したり、持ち歩いていたはずの本がいつの間にか消えたり。回りくどいと周囲の人からいつも煙たがれている津田のことを、読み手はどこまで信じていいのか?今なお行方不明の夫が心の奥底に抱えていた箱の中身とは?この不思議なタイトルの意味は下巻で分かるのか……?数々の謎を残しながら下巻へ続く。

2018/01/29

Kazuko Ohta

とてもややこしそうだったから、原作を読むのを後回しにして映画版を先に観ました。目の前の人と喋りつつ電話の相手とも喋っていたりして、やっぱりややこしくないですか。しかし会話は可笑しくて、結構ツボにハマりました。特に「もしやもしや」「二葉百合子」。『岸壁の母』という曲名はまったく出てこないし、出てくる女優の名前が映画版以上に古くて多いし、昭和生まれの人でなければ反応できないのでは。映画版を観ていない人も楽しめるのかどうかは若干疑問です。少なくとも私には辛かったろうと思う。これよりさらに分厚い下巻に直行します。

2021/09/27

fwhd8325

何やら不穏な空気が漂っています。しかし、なかなか掴めない。そして、長い。だからと言って途中で投げ出すような作品ではなく、展開が気になります。

2018/09/24

mocha

直木賞を二度も受賞したのに自堕落に暮らす元作家・津田。いつの間にか事件に巻き込まれ、颯爽と解決…するはずもなく、さらに事をややこしくしていく。事の発端からを回想したカタチなのだが、感情になる前の心の揺らぎまでも言葉にするのでなかなか先に進まない。つのっていく悪い予感もイライラもこの文体の罠だ。真相を語っているようで、小説家・津田の創作も混じるという2重のフィクションに翻弄される。どう収束していくのか、モヤモヤしながらも読むのを止められない。きっと下巻も…。

2019/04/19

感想・レビューをもっと見る