読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ショートショート千夜一夜 (小学館文庫)

ショートショート千夜一夜 (小学館文庫)

ショートショート千夜一夜 (小学館文庫)

作家
田丸雅智
出版社
小学館
発売日
2018-07-06
ISBN
9784094065381
amazonで購入する Kindle版を購入する

ショートショート千夜一夜 (小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tetchy

今までと違い、本書では一貫して多摩坂神社界隈という架空の神社が舞台にされている。コンセプト・アルバムめいた作りになっている。多摩坂神社界隈は不思議で満ちている、そんなコピーが浮かぶほどだ。「人面屋」、「夕焼き屋」、「さくら隠し」が出色で「獅子舞の夜」は書き方を工夫すれば印象的な余韻を残す作品となっただけに惜しい。そんな中でのベストは「人魚すくい」。冒頭のエピソードが思いも寄らないオチへと繋がる好編だ。さて多摩坂神社の祭りはまだ続いているようだ。この神社界隈は今後も田丸作品のワンダーランドとなることだろう。

2019/02/08

くろねこ

箸休めにちょうどいいショートショート。。 同じ多魔坂神社のお祭りや蚤の市で出会う不思議な品々と人々。『雨ドーム』がめちゃめちゃ欲しい…!

2020/08/30

ジャッカロープ

田丸さんのショートショート。お祭りに纏わる話が20編。文庫本になっていたので購入。好きだったのは、"雨ドーム"、"皮財布"、"獅子舞の夜"、"指輪投げ"あたりかな。特に、獅子舞の夜はゾクッとする感じの話で他の話と温度差があって面白かった。

2018/12/28

ベルガモット

多坂神社の夜祭りを舞台にしたショートショート集。田丸作品は以前アンソロジーで読んだのみで一冊まるまる読むのは初。ファンタジックなもの、ブラックなもの、クスッと笑えるものとバラエティ豊かでした。夜祭りの、もしかしたら異世界と繋がってるかもと感じるような雰囲気がこうしたショートショートと合っているのかも。「人魚すくい」がお気に入り。

2019/03/02

はる

お祭りなどを題材とした短編集 妖しいお話が多くゾッとするような内容もあったラムネーゼ真相がわからない分より怖いね指輪投げの話やテキ屋などにでてきたガラの悪い人が面白かったです。

2020/06/21

感想・レビューをもっと見る