読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小説 ホットギミック ガールミーツボーイ (小学館文庫)

小説 ホットギミック ガールミーツボーイ (小学館文庫)

小説 ホットギミック ガールミーツボーイ (小学館文庫)

作家
山戸結希
豊田美加
相原実貴
出版社
小学館
発売日
2019-05-02
ISBN
9784094066364
amazonで購入する Kindle版を購入する

小説 ホットギミック ガールミーツボーイ (小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ねおん

映画が気になっていたので読んでみたけれど、個人的には正直イマイチだったかなー。あまり誰にも共感出来ない。主人公の心の変わりようについていけない。漫画原作だから漫画の方がどういうかんじで描かれているのかは気になるけれど…うーんってかんじ。

2019/07/25

Happy

読んでる人が少ないのがわかる気がする。何か少女マンガにありがちな出来事をいくつも合体させただけでその分内容が薄くなってると思う。冒頭、中3の妹が妊娠したかもと言って姉が検査薬を買いに行くなんて私たちの世代にはありえない設定で付いていけなかったから、読んでても真実味というか親近感が無かった。これを読む前に読んでた「五等分の花嫁」の方がずっと感情移入できるし読み応えがあった。映画のキャストを調べたけど間宮祥太郎君以外知らない面子だったから映画にも興味なくした。ライトノベルでももっと感動するのあるのに・・・

2019/06/26

れると

映画のノベライズ。映画は未視聴(その原作マンガも未読です)。ちょっと昼ドラ感があるというか、ケータイ小説っぽい? 主人公(女子高生)にモテ期が来ている? お兄ちゃんまで参戦してきて、少女マンガ的な、女の子のある種の夢(願望)が実現しているのかな? とかちょっと思ったけど、自分にはよくわからんです。映画を観てみたい。

2020/04/24

空の落下地点。

気になる映画のノベライズ。「私の体に生まれて、頑張っていいって、思いたかった」「“可愛い”は“好き”ってこと」「私が私自身を追いかけたい」。亮輝の口調が残念すぎて絶対にこんなキャラクター実在するわけないって思わせてしまっている。初は受動型のアスペルガーっぽくてちょっと悲惨・・・天然が傷つくのは見てられるけど、行き過ぎるときつい。ライオンは狩りが苦手で可愛い可愛いって可愛がってるうちにうっかり殺しちゃうって説のエビデンスが欲しい。

2019/09/13

りなぴ

最初は亮輝くんのこと嫌がってた初が、だんだんと惹かれていくところがキュンキュンしました✨映画も原作コミックも見ていないんですけど、見てみたいな、と思いました。良かったです。

2019/08/08

感想・レビューをもっと見る