読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

上流階級 富久丸百貨店外商部 (2) (小学館文庫)

上流階級 富久丸百貨店外商部 (2) (小学館文庫)

上流階級 富久丸百貨店外商部 (2) (小学館文庫)

作家
高殿円
出版社
小学館
発売日
2019-08-06
ISBN
9784094066623
amazonで購入する Kindle版を購入する

上流階級 富久丸百貨店外商部 (2) (小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐々陽太朗(K.Tsubota)

其の一を読んで、その面白さにびっくり。 早速、其の二を購入。一気読み。読んでいて改めて感じたのは一日二四時間一年三五六日という時間だけは貧富の差なく与えられるもの。富める人は時間を外商という道具を使って金で買うのだということ。後半のヤクザとの駆け引き、四季子夫人とのやりとり、どちらも緊迫した場面ながら腹の据わった静緒の対応が小気味よい。どうやら高殿円氏は鉱脈を探り当てたらしい。二巻で終わるのはもったいない。続編希望。

2019/09/20

佐島楓

メインストリームでない道を選んだっていい。人生は自分だけのものなのだから。ということで、あがきながら生きる道を模索する鮫島さんがとても素敵でした。下巻になって著者のメッセージがハッキリ出たので、厚さにひるまず二冊ともお読みいただきたいです。

2019/09/03

papako

こちらも2巻を。とうとう葉鳥さんはミラノへ。鮫島さんは新しい顧客を獲得したり、旅を企画したり、お葬式も仕切るし、催事も企画するし、ヤクザとも対決!まさに八面六臂の大活躍。おまけに枡家の親子関係までなんとかしちゃうし。敵かと思った堂上も味方にしてしまう。『孤独死かゲイか』そんな究極な。鶴さんの孫の勇菜ちゃんの『待ってくれる』大事なことだよね。弥栄子さんの事もご縁の会のこともあるし、次巻ありますよね?売るものは『恩』そういう時代だよね、物より経験。無くしたくないですね。そして枡家母、好きだわ。楽しかった!

2019/11/19

坂城 弥生

フランスの婚姻の考え方で『離婚してシングルマザーになった女性同士が家計の問題を解決するための婚姻』もあり。というのがすごいと思った。助け合って生きていきたい人と家族になる。それが本来正しい姿なんじゃないかな。

2021/03/26

bammbi

旅先で一気読み。自分が顧客と接したときの会話や感覚を大切にして、冨久丸百貨店初のBIGプロジェクトのきっかけをつかんだ静緒。さすがだわ~。これで桝家との友情(?)がうまく続けばよいのに、と思わずにはいられません。葉鳥さんをはじめ皆さんのこの先が気になるので、続編ないかな。

2020/02/16

感想・レビューをもっと見る