読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ヴァンパイア探偵 --禁断の運命の血-- (小学館文庫キャラブン!)

ヴァンパイア探偵 --禁断の運命の血-- (小学館文庫キャラブン!)

ヴァンパイア探偵 --禁断の運命の血-- (小学館文庫キャラブン!)

作家
喜多喜久
出版社
小学館
発売日
2019-08-06
ISBN
9784094066722
amazonで購入する Kindle版を購入する

ヴァンパイア探偵 --禁断の運命の血-- (小学館文庫キャラブン!) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ@2019.11.2~一時休止

連作短編集。血液分析で事件を解決していく。読み進めていくとBL臭が・・・。

2019/09/22

はつばあば

この作者さんどこかでお会いしたなぁと思えば「化学探偵Mr.キュリー 」さんでした。今回の「刑事と血液研究者が“血”を手がかりに難事件に挑む」は主人公の静也よりも刑事の遊馬の方がキャラ立ちしてましたよ。BLではないが「運命の血」と幼くして出会ったヴァンパイア静也の気の優しすぎるところが哀しい。

2019/12/09

よっち

昔から殺人事件が多いことで有名な紅森市。紅森署に勤める刑事の桃田遊馬と、血液研究のスペシャリスト・天羽静也のコンビが「血」を手がかりに難事件に挑むブラディ・ミステリ。被害者の服についていた血液の正体、逃亡者が抱える秘密、手首だけ見つかった被害者の妄執、そして殺された女性の首に残された痕の謎。今の時代、血を分析することによってそこまで分かるのかという密かな驚きもありましたが、運命の血と天羽家を巡る因縁に苦悩する静也と、それでも変わらない遊馬の友情がとても印象的な物語でした。続編あるならまた読んでみたいです。

2019/10/01

kei302

「運命の血」桃田と天羽。何やら仄かにBL?単発もの。たぶん。刑事警察系小説で相棒同士が丁寧語で会話すると、どっちが言ってるのか分からなくなる。やたら命令口調のおまえ呼ばわりが気に入らなかったけど、読み手のためで、あれはあれで意味があったのかと今さらながら納得。

2019/09/12

坂城 弥生

ちょっと突拍子もない事件が多かった。もっと化学的なのを想像してたから驚いた。

2019/09/06

感想・レビューをもっと見る