読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ランナウェイ: RUN AWAY (小学館文庫)

ランナウェイ: RUN AWAY (小学館文庫)

ランナウェイ: RUN AWAY (小学館文庫)

作家
Harlan Coben
ハーラン・コーベン
田口俊樹
大谷瑠璃子
出版社
小学館
発売日
2020-12-08
ISBN
9784094066821
amazonで購入する Kindle版を購入する

ランナウェイ: RUN AWAY (小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

本書の基本は主人公、サイモンが失踪した娘、ペイジを捜す話だ。ペイジは麻薬の常習者。サイモンの妻、イングリッドは序盤で銃撃され昏睡状態だ。サイモンの孤独な捜索が続く。だがそれだけでは、600ページ以上あるこの本のストーリーをもたせることはできない。それでサイドストーリーで、標的を襲う殺し屋と同行する女。姿を消した資産家の息子を探す私立探偵等、いろいろな人物が絡み合って進行する。よく練られたプロットで、終盤にそれらが纏まっていく時に、真相が見えてくる。サスペンスと家族の物語がうまく融合した作品だった。

2021/03/11

Panzer Leader

行方不明となったドラッグ中毒の娘を探す父親、依頼者の失踪した息子の足取りを追う探偵事務所の女性調査員、理由が分からない殺しの旅を続ける若き殺し屋カップル。一見関係がなさそうな彼らが交わる時、大いなる陰謀の渦に巻き込まれていく。どこで娘の育て方を間違ったんだろうと悩む父親に感情移入しまくりながら最後まで一挙読みのサスペンスを堪能。前に読んだ「偽りの銃弾」よりずっと面白かった。

2021/08/04

オーウェン

サイモンは失踪していた長女の行方を捜していたが、彼氏とのいざこざによってその後死亡が確認される。 そして刑事がサイモンに嫌疑をかける。 入りから非常にテンポ良い始まりであり、あっという間に世界観に浸れる。 サイモンのパート同時に女探偵や、殺し屋のコンビのパートが交互に挟まっていく。 無関係のはずが次第に繋がっていき、最終的には意外なオチへと結びつく。 長女の失踪の謎が明らかになると同時に、彼氏を殺したのは誰かという部分に収束していく。 ラストの何とも言い難い虚無感は独特であり、良質なミステリだった。

2021/05/02

キク

幸せな家庭のよきパパだったサイモン。でも、娘がドラッグ中毒になって失踪してから、次から次へと困難が襲ってくる。ネットで叩かれ、妻が撃たれ昏迷状態になり、子供達との血の繋がりに疑惑が出てくるし、、。同じ父親という立場柄、「パパさん、負けんな!家族の為に踏ん張れ!」と感情移入しまくりながら読んでました。関係者が複数名亡くなったけど、サイモンは家庭を守り切っていた。いや、実際の話、心穏やかな家庭を築くのって、心穏やかな決意だけじゃ足りない場合だってあるよな、確かに。20年父親をやってる実感として、そう思いました

2021/01/26

Hannah_Swensen

NYに住むサイモンは妻と3人の子供達と幸せに暮らしていた。大学入学後BFのアーロンにドラッグ漬けにされ、大学寮から長女のペイジが姿を消すまでは。必死にペイジの行方を捜すサイモン。セントラルパークでの目撃情報を入手し、一旦はペイジを見つけるが逃げられてしまう。アーロンが何者かに殺害され、同居していたペイジはまたもや行方不明に。他方、一見無関係に思える男性の殺害・自殺・行方不明が続き、ペイジ捜索の過程でサイモンはあるカルト集団に行きつく。ペイジは無事なのか?見つかるのか? 予想通りのオチでしたが楽しめました。

2021/04/14

感想・レビューをもっと見る