読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新章 神様のカルテ (小学館文庫)

新章 神様のカルテ (小学館文庫)

新章 神様のカルテ (小学館文庫)

作家
夏川草介
出版社
小学館
発売日
2020-12-08
ISBN
9784094068511
amazonで購入する Kindle版を購入する

新章 神様のカルテ (小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

射手座の天使あきちゃん

漱石先生の名作をパロって… 患者優先の頑固一徹で医者になってから苦労ばかりしている。本庄病院に居る時分、当直の夜に何故か重篤な急患が多く運ばれ「引きの栗原」と呼ばれたことがある。そんなに救急を受けなくとも断れば良いと言う人があるかも知れぬ。別段深い理由でもない。「医は仁術」を志し励んでいたら同業者の多くが仁術より算術を考えねば金は貯まるまいと囃したからである。 そんな栗原先生がステージを大学病院に移し患者優先を貫くために奮闘する物語です。苦いお話の多い中で小春ちゃんの可愛さが救いですね。 (^_^)v

2021/01/09

五右衛門

読了。全部好きです。主人公、細君、小春、男爵、学士殿、御家老、鬼切、利休他みんなみんな好きです。大狸先生それからそれから... あまりにも過酷な業務の中にもひとときの安らぎがあり院内での軋轢に揉まれ、しかし仲間の助けがあり、焦らず乗り越えて行く姿に憧れました。内容は辛く涙無くしては読めませんでした。けれども読み終えて、又明日に向かって行ってやろう❗と前を見据えられた気がしました。シリーズ待ってます。

2021/04/09

優希

新たな物語の始まりでした。大学病院に異動してから早2年が経ったのですね。大学病院の世界に戸惑うイチさんはやっぱりイチさんだなと思わされます。真面目に患者に寄り添う姿が微笑ましい。これから先もイチさんなりに患者と向き合うのでしょうね。今後もシリーズを追いかけたいですね。

2021/04/15

katsubek

『神様のカルテ』は「アカンやつ」である。新章になってもそれは変わらない。帰宅電車で滂沱たる涙を留め得なかった。『三四郎』を勧めるのは、『始まりの木』へのサジェストであろうか。それはそうと、今回も自然描写、植物の描写が美しくて、眼に浮かぶが如しである。無論、珠玉の如き言葉にも魅かれる。「困っとる患者がいたら手を貸してやる」、「医者である以上どこの病院に出かけてもやるべきことは変わらない」、「大丈夫でないことも、全部含めてきっと大丈夫です」等々。新たな道を行く登場人物たちを見守ってゆくとしよう。

2021/02/05

ココ(coco)

☆☆☆★神様のカルテが新章となり、大学病院で働き始めた栗原。働く場所が変わっても一止は一止であり、変わらないところが良いです。周りの医者も皆個性があるが、患者に対する思いは一緒です。今後の続編も楽しみです。

2021/02/02

感想・レビューをもっと見る