読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

無事に返してほしければ (小学館文庫 し 22-1)

無事に返してほしければ (小学館文庫 し 22-1)

無事に返してほしければ (小学館文庫 し 22-1)

作家
白河三兎
出版社
小学館
発売日
2021-02-05
ISBN
9784094068771
amazonで購入する Kindle版を購入する

無事に返してほしければ (小学館文庫 し 22-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

坂城 弥生

ストーリーはすごく面白かったけど、登場人物の誰にも好感を持てなかったのであまり入り込めなかった。拓真は身勝手。仕事人間から家庭人になったって言ってるけど、家庭を顧みなかったのは事実だし、令子はヒステリックすぎて嫌な人だった。智彦は真実を知って納得はしたけど、ちょっと取っつきづらいし、田村夫妻は真実を隠して愛していたフリをしているのが虫唾がはしる…あと、明人の単純さを見ると「子供なんてハイリスクローリターン」と昔聞いた言葉を思い出した。

2021/02/17

みやび

かつて川で行方不明になった息子を誘拐したという一本の電話から全ては始まる。一つの誘拐が次の誘拐に繋がり、不幸な連鎖は止まらない。物心つく前に連れ去られた子供は親と成り代わった犯人をどう認識するのか、突然我が子を奪われた家族の憤り、犯人は捕まっても元には戻れない家族関係。ミステリーとしても面白いが誘拐という犯罪の残酷さ、理不尽さが切々と伝わってくる。日々どこかで起こっている失踪事件や誘拐がいかに卑劣な事か考えさせられる。

2021/04/11

次へ

この作者は子供と大人の中間世代のひりひりする様な感性を行間で語る作品が多くて私好みなんですが、今回は、後半の誘拐話の明人君が割と素直な年相応のお子様だった点が正直少々物足りなかった感じです。

2021/03/19

himanaka

ページを繰る手が止まらない。いろいろな視点で書かれているからこそのマジック。後半、理解が追い付かないところも、極端にすぎるところもあるけれど、それ以上に、誘拐された子どものその後という視点は胸にしみる。

2021/02/15

ごまぐる

いや、そんな簡単に暗示ってはまっちゃうもんなんだろうか。

2021/04/05

感想・レビューをもっと見る