読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

救出 3.11気仙沼公民館に取り残された446人 (小学館文庫 い 7-6)

救出 3.11気仙沼公民館に取り残された446人 (小学館文庫 い 7-6)

救出 3.11気仙沼公民館に取り残された446人 (小学館文庫 い 7-6)

作家
猪瀬直樹
出版社
小学館
発売日
2021-02-05
ISBN
9784094068788
amazonで購入する Kindle版を購入する

救出 3.11気仙沼公民館に取り残された446人 (小学館文庫 い 7-6) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

☆ツイテル☆

フライヤー

2022/01/29

うたまる

東日本大震災時の気仙沼公民館での避難と救出のドキュメンタリー。俗に自助、共助、公助と言われるが、真にそれらがサバイブの基本であることを生々しい証言の数々で証明していた。消防署への「救助に来られないなんて、死ねっていうんですか」の物言いは、自助と共助を想定していなかった者の暴論でしかないことを肝に銘じなくてはならない。また自動車で避難しようとしていた人に死者が多く出たことも象徴的。家族と逃げられる、貴重品も運べる、早く移動できる、などのメリットに固執し犠牲になったのだ。愚直に逃げることに専念する。それだけ。

2022/08/11

感想・レビューをもっと見る