読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

TEN (上) (小学館文庫 に 24-1)

TEN (上) (小学館文庫 に 24-1)

TEN (上) (小学館文庫 に 24-1)

作家
楡周平
出版社
小学館
発売日
2021-02-05
ISBN
9784094068795
amazonで購入する Kindle版を購入する

TEN (上) (小学館文庫 に 24-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

豊臣秀吉の立身出世譚をビジネス小説のフォーマットで、という試みだろうか。帯の宣伝文句で「男の嫉妬を描く」とか、内容に触れるのはやめて欲しい。下足番からの成り上がりなど、もろに秀吉オマージュであり、そうなると、月岡が信長で、明智は誰か?嫌が上にも想像がつく。少し大袈裟なくらいに、取り組みに対しての成果が出てみるみる頭角を表していくテンの姿は、娯楽小説として丁度いい案配で、読んでいて爽快感が得られる。たしかに、現実世界でこんな後輩がいたら、複雑な心境になりそうだ。嫉妬が膨れ上がる下地が整ったところで下巻へ。

2021/04/27

terukravitz

★★★★☆

2021/02/10

hiyu

戦後の動乱期、当たり屋稼業をして暮らす小柴俊太の立身出世が中心。後半部分は結構あっけなく進む印象はあるが、月岡との出会いやその後の邁進ぶりはあまりにも眩しすぎるようにも思える。それが人の目をくらませることになるのだろうか。

2021/06/09

次へ

「もはや戦後ではない」時代に貧困の底からすくい上げられ、時代の波に乗ってぐんぐん駆け上がっていったサラリーマン版今太閤物語。

2021/05/24

minu tanu

この方は本当に昭和の立身出世物語が上手。男の嫉妬を描くとありますが下巻でドロドロしだす予感。

2021/03/14

感想・レビューをもっと見る