読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

花舞う里 (小学館文庫 ふ 1-4)

花舞う里 (小学館文庫 ふ 1-4)

花舞う里 (小学館文庫 ふ 1-4)

作家
古内一絵
出版社
小学館
発売日
2021-03-05
ISBN
9784094068986
amazonで購入する Kindle版を購入する

花舞う里 (小学館文庫 ふ 1-4) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

香翠

読み終えたばかりだけどドキドキしている。伝統芸能を守り、引き継ぐことの意味合いの深さのようなものがズーンと投げかけられたようで、静かに興奮状態。

2021/06/12

タルシル・ヨムノスキー

親友が事故で亡くなったのは自分のせいだと心を閉ざしてしまった中学2年の潤は母親の田舎へ移り住む。そこでは700年以上の歴史を誇る「花祭り」という神事が行われていた。なかなか周囲と打ち解けることがなかった潤だったが、花祭りに関わることで心に傷を抱えるのは自分だけではないことを知る。最後の夜通し行われる神楽は是非映像で、いや実際に観てみたい。「伝統文化は大切」とか思いながら自分はその伝統文化を守るために何かしているかというとそんなことはなく、ましてや地元の伝統文化について、何も知らないという恥ずかしい有り様。

2021/05/03

たまゆら

古内氏つながりで図書館で借りました。そして、借りて良かった~、読み応えあります。古内氏らしい丁寧で公平な目線で描かれるストーリーはいつもながらリアルで厳しくもあたたかいです。お話のモデルとなっている花祭りをいつか見てみたいです。

2021/04/25

みやち🐹

伝統芸能の話は好きなので楽しんで読めました。田舎のよさも悪さも書いてある気がします。他所者は目立つし話題に上がるんですよね。「本当に全部伝わる」ので、周も潤もクラスメイトや周りの人に恵まれて良かったなと思います。転校してきて舞を覚えて踊る⁉と運動音痴な私は拒否一択な状況を、よく潤は受け入れたなと感心しました。舞や歌、祝詞など祭りの様子が詳しく書かれていてその場にいるような心地になりました。お祭りに行きたくなります。「花祭り」には鬼が多く登場するのが意外でした。エピローグでその後が知れて良かったです。

2022/02/17

陽ちゃん

地域の伝統芸能を守り引き継いでいくというのは大変なことだと思いますが、ニュータウンで生まれ育った私にとっては羨ましいです。二十代の蒼汰や中学生の潤たちが、澄川の花祭りを次の世代へ引き継いでいけるといいなぁ。

2021/04/13

感想・レビューをもっと見る