読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

下町ロケット ゴースト (小学館文庫 い 39-5)

下町ロケット ゴースト (小学館文庫 い 39-5)

下町ロケット ゴースト (小学館文庫 い 39-5)

作家
池井戸潤
出版社
小学館
発売日
2021-09-07
ISBN
9784094070637
amazonで購入する Kindle版を購入する

下町ロケット ゴースト (小学館文庫 い 39-5) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

新書版を持っているのに文庫を買ってしまう無駄づかい。久々の再読だが、先の展開を知ったうえで読むと、最初とはまた全然違った読後感。そもそも『ヤタガラス』とセットで『下町ロケット3』といえるので、これ一冊ではまだ物語中盤。佃製作所の技術力一点突破のカタルシスも訪れず、主要メンバーの出番も少なめ。新たに気づいた点は、準天候衛星ヤタガラスを今作時点でもっとアピールしておけば、次でもっと盛り上げられたのではないかということ。タイトルにロケットを冠しているので、そうした方がシリーズ全体の整合性も強まったのではないか。

2021/09/27

五右衛門

読了。大好きなシリーズ!宇宙から大地へ。今作は特許絡みの内容でギアゴーストの面々といつもの佃製作所の面々、帝国重工メンバー。久しぶり。と言っていられない。いつもより雲行きが怪しすぎる。次巻ヤタガラス買っていますよ。いつもの様にスカッとさせてください。レディーゴー。

2021/09/14

PEN-F

シリーズ第3弾!第1弾のバルブシステムから第2弾の人工弁ときて、今度はトランスミッションかッ‼️∑(゚Д゚)🤩🤩🤩 それにしてもこのシリーズはいちいち心をくすぐられる製品チョイスが堪らんです♬👍やっぱりトランスミッションの肝はギヤだよね😍天才技術者、島津のアイデアが、どんな素材でどんな形状なのか図解で分かりやすくしてくれたらヨダレが出ちゃうよね🤤

2021/09/18

ジロリン

読んでると、ドラマでの数々の名シーンが浮かび上がってきます…これは喜ばしい事なのか?などと思ってしまう。て、いうかまたドラマが観たくなって困るw

2021/09/15

ohion

ドラマを見ていた。読んでいて俳優たちの顔が浮かぶ。帝国重工を辞めた伊丹と島津が興した会社、ギアゴーストを襲う特許を巡る訴訟。ふたりの青春とそこに寄り添おうとする佃。新たなフィールドに挑戦する佃製作所の面々、財前部長に企業人の道義をみる

2021/09/18

感想・レビューをもっと見る