読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

下町ロケット ヤタガラス (小学館文庫 い 39-6)

下町ロケット ヤタガラス (小学館文庫 い 39-6)

下町ロケット ヤタガラス (小学館文庫 い 39-6)

作家
池井戸潤
出版社
小学館
発売日
2021-09-07
ISBN
9784094070644
amazonで購入する Kindle版を購入する

下町ロケット ヤタガラス (小学館文庫 い 39-6) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

五右衛門

読了。続け様に読みました。相変わらずこの展開の速さが好きですな。前半は下町VS帝国的な図式が有りましたが後半はやはりもの作りはお客が欲しいものを、喜ばれるものを作り続ける。佃社長の再再逆転でしたよ。このシリーズも好きです。又予想外の新作待ちます。

2021/09/17

Kazuko Ohta

「頭に血が上る度」としては『空飛ぶタイヤ』や最初の『下町ロケット』には及びませんが、それでもじゅうぶんヒートアップ。これがフィクションだということを忘れて怒りに燃えます(笑)。肩書きが自分の力だと思っている人のなんと多いことよ。もちろんその肩書きを手に入れるための苦労はあったでしょう。でも、大きなものを作れるからって小さなものも作れるとは限らない。大人にものを教えることができても子どもには上手く教えられない人がいますが、幼児に上手く教える人ほど大人にも上手に教えたりしますよね。ふとそんなことを思いました。

2022/03/28

PEN-F

伊丹が佃製作所を裏切ってまで果たしたかった復讐。そして復讐を終えた後の彼が得たものは…。たしかに復讐は何か行動を取るときの大きな原動力になるのは否定できないが、復讐って過去に向かって生きていく事だと思う。復讐によって得るものは虚しさ。生きていくって未来に向かって進むもの。未来への扉は、それを開けた先に何があるかは分からないけど、分からないから開けるんだし、分からないから面白い!

2021/09/18

ピース

農業の現状、問題点、それに対する取り組みがよく分かった。物語のヒール役である帝国重工の的場やダイダロスの重田にも辛い過去があったんだね。佃製作所に入社した島津はこのまま佃製作所に居続けるんだろうか。それとも伊丹とよりを戻すんだろうか。続きが出てほしい。

2022/11/06

ほんた

佃製作所のバルブが,今度は農業機械に使用されます。現在ではスマート農業でトラクターやドローンが登場してきましたが,本作品では無人トラクターのトランスミッションバルブの争い。やはりここでも特許ライセンスの問題が出てきます。 いろんな企業や人が邪魔をしてピンチになりますが,やっぱり最後はスカッと大逆転です! https://hontablog.com/下町ロケット4

2022/08/25

感想・レビューをもっと見る