読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

彼女が最後に見たものは (小学館文庫 ま 23-2)

彼女が最後に見たものは (小学館文庫 ま 23-2)

彼女が最後に見たものは (小学館文庫 ま 23-2)

作家
まさきとしか
出版社
小学館
発売日
2021-12-07
ISBN
9784094070934
amazonで購入する Kindle版を購入する

彼女が最後に見たものは (小学館文庫 ま 23-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

夢追人009

まさきとしかさんの大ブレイクした三ツ矢&田所刑事シリーズの好調第2弾ですね。前作では全く触れませんでしたが、瞬間記憶能力を持つパスカルの異名を持つ変わり者の三ツ矢刑事は協調性ゼロで何でも独断でやってしまうのが昔の名探偵の秘密主義を思わせますが、新米の田所刑事は常に気が休まらず大変ですが事件解決の瞬間のリスペクトの気持ちを忘れずにとことん信じてあげて欲しいですね。でもこの関東系の漫才コンビのシュールなネタみたいな変な疑心暗鬼の掛け合いもシリーズの魅力ですので人間的に悟ってしまったら面白くなくなるでしょうね。

2022/01/13

待望の三ツ矢刑事第二弾。相変わらずの三ツ矢秀平の鋭い洞察力が読んでいて楽しかった。しかも「瞬間記憶」なんて武器も持っている刑事。今回も複雑に絡んだ2つの事件を結び付けさせてしまう手腕には拍手です。ストーリーは人間の浅ましさを描いていて、ともするとイヤミスに終わりそうだったが最後の一文によって全てが救われるのはまさきさんの上手さだと思います。三ツ矢刑事はこれからもきっと活躍してくれると思います^^

2022/01/23

イアン

★★★★★★★★☆☆『あの日、君は何をした』の続編となる三ツ矢&田所シリーズ第2弾。都内の空きビルから遺体で発見されたホームレスと思しき初老女性の指紋が、千葉県で発生した未解決事件の遺留指紋と一致する。2つの事件が繋がる時に明らかとなる〝彼女が最後に見たもの〟とは…。SNSにのめり込む人物を皮肉を込めて描き、目に見える物だけが幸せではないことを読者に突き付ける。クセが凄いが優れた洞察力を持ち、捜査の結果より動機や背景を重視する三ツ矢は、加賀恭一郎や佐方貞人の系譜を継ぐヒーローとなれるか。今後の活躍に期待。

2022/01/11

のり

「三ツ矢」「田所」シリーズ第二弾。前作を読んで騙されないように心して読んだが見事にしてやられた。千葉での未解決事件と新宿の事件。関係者がどの様に絡んで来るのか想像を膨らました。新宿の件の被害者の不運続きの半生に安寧が訪れた矢先に…彼女の優しさと強さには信の温かみを感じた。家庭を上手く回すのは難しいが、崩壊はあっと言う間だ。護りたかった者はこの先、困難もあるが、きっと大丈夫なはずだ。

2022/06/19

bunmei

三ツ矢&田所刑事シリーズ第2弾。空きビルで発見されたホームレスの女の遺体と、以前に男が刺殺された未解決事件現場から採取された指紋が一致。2つの事件の接点は何なのか?また女はなぜホームレスとなり、死んだのか?練りに練られた事件背景、誰もが怪しい登場人物、時間経過も前後させ。著者の巧みなミスリードにハマり、最後まで真犯人の予想もつかず、どんでん返しのラスト50ページ。人間の奥底にある傲慢、欲深、見栄等が浮き彫りになり、僅かに灯った愛の灯も、無残に打ち消され、家族が崩壊していく様をリアルに描く極上ミステリー。

2022/04/21

感想・レビューをもっと見る