読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あやかし斬り 千年狐は綾を解く (小学館文庫 Cし 1-7)

あやかし斬り 千年狐は綾を解く (小学館文庫 Cし 1-7)

あやかし斬り 千年狐は綾を解く (小学館文庫 Cし 1-7)

作家
霜月りつ
新井テル子
出版社
小学館
発売日
2022-05-06
ISBN
9784094071429
amazonで購入する Kindle版を購入する

あやかし斬り 千年狐は綾を解く (小学館文庫 Cし 1-7) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐっち

蘭方医・多聞先生と薬売りの化け狐・青の江戸の化け物退治。いいコンビ。女形の2人が出てくる話もよいですね。

2022/06/25

RIN

これは随分、余白を残した終わり方をする。長崎で医術を学んだ蘭方医の多聞の前に現れた謎の薬売り。編み笠に隠された白髪と目を見張る程の美貌。奇妙な縁により出会った多聞と妖狐の青は、共に江戸の夜を震わせる化け物騒ぎに関わっていく。事件の裏側に潜む欲望や迷い。人と怪しの間に結ばれた綾は哀しいばかりなのに、時折美しい欠片がチカリと輝くから、きっとその手を離せない。千年の時を生きる青の強い想い、恋心。その願いを叶えてやりたいと心を尽くす多聞。友情と呼ぶには近すぎて、愛情と呼ぶには寂しすぎる。旅の終わりはきっと切ない。

2022/06/22

しましまこ

人たらし妖たらしの蘭方医と一途なもふもふ白狐。ツボを押されまくりの和物FT、続きますよね。

2022/06/19

きょん

元武家の蘭方医・多聞と妖しい薬売り・青の妖怪退治バディもの。面白かったのでシリーズ化しないかな。

2022/05/28

かなっち

作家さん買いです。化け狐とお医者様(蘭方医)が、江戸の怪事件を解決していくお話です。BLではありませんが、2人の絆が尊くて満足な読後でした。加えて、怪事件も面白かったです。なので、是非ともシリーズ化して、続いてほしいと思いました。青が厳しい母親に捨てられた時には、胸が痛みましたが…。

2022/06/21

感想・レビューをもっと見る