読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

予備校のいちばん長い日 (小学館文庫 む 06-1)

予備校のいちばん長い日 (小学館文庫 む 06-1)

予備校のいちばん長い日 (小学館文庫 む 06-1)

作家
向井湘吾
西澤 あおい
出版社
小学館
発売日
2022-06-07
ISBN
9784094071504
amazonで購入する Kindle版を購入する

予備校のいちばん長い日 (小学館文庫 む 06-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hnzwd

大学入試史上最強の難問と言われる数学(1998年後期)試験の1問を題材にしたフィクション。大手予備校であれば試験当日に解答速報が出るのが当たり前ですが、日本最大手の予備校でも解答が出せなかったという伝説の超難問です。物語自体は小さな予備校の講師である主人公が、難問に挑む、というお仕事小説の体をなしてますが、題材が数学なだけに内容は。。グラフの操作の話なので、訳わかんない、と言うことにはなりませんが、その筋道は思い浮かばないだろ、というアプローチが凄い。

2022/06/21

みず

数学というのはミスタリーなんだな、と思った。高校の時、数学を解いていた時の、初めはよく分からないけど手を動かしていたら光が見えてきた!みたいな快感を読みながら味わえた。小説というより数学だったけど、とても面白かった!

2022/06/26

古典厩信繁

1998年東大理科Ⅰ類後期日程試験で出題された数学の超難問およびそれを巡る予備校の動向を題材にした予備校講師を主人公とする物語。 こちとらド文系なので、実際の問題が出てくる場面(まあまあ多い)に関してはほぼ読み飛ばして読みました。(YouTubeで検索して大問1は分かりました。ただ、今回題材となっている史上最強の難問は大問2) 予備校教師の意地的なものが主題となっており、そこには読んでて奮い立たされるものがありました。

2022/06/13

感想・レビューをもっと見る