読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人類は衰退しました: 未確認生物スペシャル (ガガガ文庫)

人類は衰退しました: 未確認生物スペシャル (ガガガ文庫)

人類は衰退しました: 未確認生物スペシャル (ガガガ文庫)

作家
田中ロミオ
出版社
小学館
発売日
2016-09-16
ISBN
9784094516326
amazonで購入する Kindle版を購入する

人類は衰退しました: 未確認生物スペシャル (ガガガ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スズ

未来人やトロール、ゾンビ、マンドラゴラ等の妖精さん以外の存在が起こす事件の解決に奔走するわたしちゃんの短編と、妖精さんのブラックな童話等を収めた最終巻。何年も倒す事が出来なかったトロールを妖精さん印の不思議武器でサクサク倒していくわたしちゃんの安定感が印象的でした。幽霊屋敷が怖すぎて何度も卒倒しながらも、ナチュラルに部屋に放置しようとしたわたしちゃんに涙目で駆け寄る巻き毛ちゃんも可愛かったです。最後の最後まで妖精さんの可愛さとブラックユーモアがたっぷり詰まった作品でした。新所長とクスノキの里に幸せあれ。

2018/08/08

ゼロ

人類は衰退しましたの短編集2冊目です。まさか続編が出るとは思ってもいませんでしたが、雰囲気としては通常運転でした。未確認生物スペシャルですが、妖精さん成分が多めで、わたしちゃんが妖怪に怯むことなく、全てを悟ったかのように難事件を次々と解決していきます。全体的に童話やゲームをモチーフにした短編が多かったかな。分かりやすいのは、牧場物語とモンハン。どちらのお話も未確認生物であるトロールや吸血鬼が出てきます。わたしちゃんが難なく事態を収束か。ブラックユーモア上等。この世界観で、たまに作品を書いて欲しいです。

2017/03/01

Yobata

妖精さん再び!未発表書き下ろしスペシャル短編集。再びわたしちゃんと妖精さんの「人退」が読めるとは…歓喜w“未確認生物スペシャル”ということで、妖精さんだけでなく自称未来人,トロール,ゾンビ,マンドラゴラなど、様々な未確認生物が登場するも、妖精さんを手懐けてるわたしちゃんは動ぜず余裕の対応で…w未確認生物が沢山登場したことによって妖精さんのはっちゃけ騒動があんま見れなかったのが残念だったけど、わたしちゃん読解による童話に触発された妖精さん達が演じる劇は、妖精さんらしかったねwわたしちゃんの契約の超読解も→

2016/09/16

宇宙猫

★★★ 妖精さん可愛いな。あの話し方が大好き。

2017/06/29

sskitto0504

あれ?これ新刊?っていう感じで買いましたが新刊が出るとは。うれしいですね。今回はなんでもあり感が増えているのにわたしちゃんはいつも通りでしたね。童話超読解も面白い。新作もいいけどたまーにこういった短編だしてくれると嬉しいです。

2016/09/18

感想・レビューをもっと見る