読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鋼鉄城アイアン・キャッスル (ガガガ文庫 て 2-14)

鋼鉄城アイアン・キャッスル (ガガガ文庫 て 2-14)

鋼鉄城アイアン・キャッスル (ガガガ文庫 て 2-14)

作家
手代木 正太郎
太田垣康男
ANIMA
sanorin
出版社
小学館
発売日
2021-03-18
ISBN
9784094518955
amazonで購入する Kindle版を購入する

鋼鉄城アイアン・キャッスル (ガガガ文庫 て 2-14) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

ロボバトルと時代伝奇ロマンの合体!城が変形し巨大ロボットになり、人力で動くという無茶な設定を成立させる力技。「荒唐無稽上等だ。そのほうが面白い」という、作中の台詞を地で行く作品。主人公が松平竹千代(徳川家康)で、石田佐吉、服部半蔵、今川義元らを配したドラマも面白く、ライトノベルとしては厚めの文庫本ながら、一気読み。一冊で満腹感あり。講談調を意識した語りが効果的で、歴史時代小説的な気分が出るし、ロボットアニメの定番を押さえた展開にも合う。アニメ化前提の企画なので、実現に期待。小説としても、この先を読みたい。

2021/05/02

サケ太

まさに荒唐無稽!エンタメ重点な痛快娯楽時代劇ロボットアクション小説!史実的な要素は、ありつつも、ひたすらに面白い物語。松平竹千代を主人公に、脇に石田佐吉、服部半蔵やその妹さやかたちとともに鐵城(キャッスル)、砦城(フオオト)というロボットの存在する戦乱の世。時代背景を捉えつつも、小ネタを度々挟んでくるので楽しい。関係ないと言いつつ、西郷どんとか。こういう滅茶苦茶をやっても面白いのがこの作者の作品。

2021/03/18

真白優樹

鐵城と呼ばれる、城が変形した超兵器が鎬を削る架空の戦国時代で、若き日の家康が仲間達と共に立ち上がり始まる物語。―――心に城、胸に勇気。いざ仲間と共に立ち上がれ。巨大な城が変形した兵器が鎬を削る、正にアニメ映えするであろう物語であり、戦いの中、家康が仲間の死を乗り越え漢として成長し覇を見せつける、熱さ溢れて王道に面白い物語である。始まったばかりの覇道、見果てぬ夢はまだ遥か彼方。果たして家康は望みを叶える事は出来るのか。この五里霧中の戦国時代は、果たして何処へと進んでいくのか。 次巻も勿論楽しみである。

2021/03/19

イシカミハサミ

ノリで楽しむぶっとび本。 普通なら手を伸ばさない類の本だけれど、 手代木さんの作ということで信じてみた。 実在の城がロボットになって動き出す。 あとがきで曰く、講談でやるような大ウソをついてみた、ということで 何も考えず楽しめる作品だと思います。 榊原康政のキャラがテンプレだけれど好きなんよ。 ――鋼鉄戦国講談!開演なぁりぃ~!

2021/05/22

椎名

アニメ前提の作品だからか脚本やノベライズという印象。城をロボット化するという滅茶苦茶な設定できちんとエンタメに仕上がっている。

2021/04/05

感想・レビューをもっと見る