読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

高倉健インタヴューズ: 日本で唯一の貴重なインタヴュー集 (小学館文庫プレジデントセレクト)

高倉健インタヴューズ: 日本で唯一の貴重なインタヴュー集 (小学館文庫プレジデントセレクト)

高倉健インタヴューズ: 日本で唯一の貴重なインタヴュー集 (小学館文庫プレジデントセレクト)

作家
野地秩嘉
出版社
小学館
発売日
2016-05-07
ISBN
9784094700039
amazonで購入する

高倉健インタヴューズ: 日本で唯一の貴重なインタヴュー集 (小学館文庫プレジデントセレクト) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ともひろ

高倉健さんの人柄がにじみ出るようなエピソードが沢山でてきます。願わくば、タイトルにある通り、もう少しインタビューを増やした方がいいかも。

2016/08/13

るい

高倉健という俳優は、私にとって渋い人であり、出演作を直接見たことがない。それでも、あの芯のある雰囲気や、素朴な立ち姿に心惹かれていた。そこには、人への気遣いができるところや、脚本選びへのこだわり、演技をどのように作るかといった彼の考えが表れているのだと思う。スターなのにスターと感じさせない振る舞いが、魅力を生む。偉くなればなるほど、そういう謙虚さを持ち合わせたい。

2017/12/01

バカ殿。

最近、健さんの任侠ものをよく見てるけど、本書では『鉄道員』や『For you』の裏話があって興味持ち、最近のものも見てみようと思った。さりげないところが健さんのかっこいいところなんだよね、いまさら気がついてしまった。

2016/05/16

sakase

「ありがとう と素直にいえること。 その場で 感謝の姿勢を絶やさないこと。」

2018/04/13

anken99

逝去から二年後に出版された、あまりにも貴重なインタビュー集。著者が18年かけて紡ぎ出された、大変意義深い一作だ。ひとこと。高倉健という人が、なぜここまで我々日本人の心をつかんでやまないかが、必ずわかるはず。ときに、ジーンときてしまうこと多数。本物のスターというのは、この人のようなことを言うのだろう。同じ名前を背負う者として、恥ずかしくないように明日から生きて行こうと心底思うばかり。

2018/01/11

感想・レビューをもっと見る